新聞のご案内

『中国特集』のご紹介

 中国の2015年経済成長率は6.9%だった。四半世紀ぶりの低水準だったが、その国民総生産(GDP)の規模は68兆円に達する。ドルベースで換算すれば日本の二倍にもなる巨大市場である。成長率が鈍化したとはいえ、元の数値が大きくなれば当然で、まだまだ魅力ある市場には間違いない。
 また、中国は2016年の経済成長目標を6.5%~7%にすることを公にし、13次5カ年計画を通じ、国内総生産(GDP)目標で年率6.5%以上、2020年の総額を92兆7000億元以上にする方針を打ち出している。さらに中国では大気や水、土壌の汚染、設備過剰、食の安全・安心と直面する課題は多々あれども中国政府が本腰を入れ始めているのは事実で、これらの解決に当たろうとしている。
 昨年、策定した10カ年の産業振興計画「中国製造2025」では質の高い産業への転換に導こうとしている。中国のこうした大きな流れの変化は、日本企業の技術・製品が威力を発揮できる分野で、中国進出する日本企業にとっては得意技術やグループ力などの高付加価値の製品供給、サービスが活かせる場面でもある。
 そのなかで中国現地で活躍する化学企業および関連企業を紹介する。

  ◆ 日新容器株式会社   ◆ 日本合成化学工業株式会社   ◆ ライトケミカル工業株式会社   (50音順)


Copyright(c)2010 The Chemical Daily Co., Ltd.