月刊「化学経済」

月刊「化学経済」

月刊「化学経済」は1954年に創刊、化学工業界で唯一の専門誌として、国内外から高い支持を得ています。化学業界 トップをはじめ、金融アナリスト、 ジャーナリスト、産官学の専門識者など多彩な執筆陣により、化学および関連産業の需給動向をはじめ、研究開発、経営、環 境などの視点から、毎号特集企画で タイムリーかつグローバルな分析記事をお届けします。




毎月1日発売
定価1,728円(税込・送料別)
年間定期購読料 33,572円(税・送料込み。増刊3冊含め15冊分)
増刊号は定価:本体4,860円(税込・送料別)

最新号のご紹介

月刊「化学経済」2017年1月号
  【特集】車載用リチウム電池部材の最新勢力図
    ◆化学プラントのAI化について
    ◆ドローン×人工知能がつくる新しい安全
    ◆マイクロプラスチック:21世紀の環境問題

一歩先を行くために 茂木 正(経済産業省) 1

<トップインタビュー>
破壊的イノベーション,主役は化学
  山本 尚
 日本化学会会長 4

「化学プラントのAI化」について 小宮山 宏(三菱総合研究所),伊藤 東(安全工学グループ) 12

     ■特集 車載用リチウム電池部材の最新勢力図

   自動車産業を巡る構造変化とその対応について      菊池 龍佑(経済産業省) 18
   車載用リチウムイオン電池の動き -囁かれる二つのシナリオ- 吉野 彰(旭化成) 22
   次世代自動車用LiBと構成材料の動向と展望
                           濱田 準哉,餅 友佳里(日本政策投資銀行) 27
   主要4部材,日本メーカーの戦略                          編 集 部 32

   ビジネスモデル変革の加速にむけて(下)
    変革時に強化すべきコーポレートの役割
      中川 隆之,沓掛 毅(野村総合研究所) 46
   マイクロプラスチック:21世紀の環境問題(上)
    汚染の現状,生物影響,トレンド
      高田 秀重(東京農工大学) 54
   ドローン×人工知能がつくる新しい安全 ―「ご安全に」の精神を未来に引き継ぐ一手法―
      谷村 勇平(デロイトトーマツコンサルティング) 60
   アンチ・ダンピング制度改正の概要とわが国石化業界の活用方向
    -措置申請の大幅簡素化に至る背景と活用課題-
      小柳津 英知(富山大学) 67

■連 載
日本の石油化学産業の変貌①<新連載>
 総合化学企業のポートフォリオ変革 石化事業の競争力強化は最優先課題
   竹内 隆志(アビームコンサルティング),日比谷 陽一良(ETIC Inc.) 79
中国の財産権取引所と国有企業買収⑦
 財産権取引所の組織(その2) 法的性質と会員制モデル
   洞口 紳也(呉羽(常熟)ふっ素材料有限公司) 86
新局面迎えたグローバル化学再編⑩
 シェール革命と石油化学地殻変動 <その1>米国石化復権と原料多様化
   田口 定雄(産業評論家) 90
起・承・転・々 ゴム点描
 第9話 謹賀新年 渡辺 聡志(材料技術研究所) 96


TOPICS 旭硝子 タイの塩ビメーカー買収 17
魚眼・複眼 日本農業への期待と不安 43
海外は今 「転換の年」,浮揚への期待と不安 米国は石化投資ブームを楽観 田口 定雄 44
TOPICS 東レ リチウムイオン電池用グラフェン導電助剤の開発 78
書籍紹介 『東レ 改訂版』,『世界の化学者12か月~絵で見る科学の歴史~』 95
掲 示 板 アジア石油化学工業会議(APIC2017・札幌大会)の開催案内
       NEDO 助成事業「戦略的省エネルギー技術革新プログラム」 101


総合索引 2016年1月~12月 102

化学工業日報ニュースダイジェスト 100  広告索引 111
次号予告                  112  編集後記 112


Copyright(c)2010 The Chemical Daily Co., Ltd.