月刊「化学経済」

月刊「化学経済」

月刊「化学経済」は1954年に創刊、化学工業界で唯一の専門誌として、国内外から高い支持を得ています。化学業界 トップをはじめ、金融アナリスト、 ジャーナリスト、産官学の専門識者など多彩な執筆陣により、化学および関連産業の需給動向をはじめ、研究開発、経営、環 境などの視点から、毎号特集企画で タイムリーかつグローバルな分析記事をお届けします。

 ※お支払いは前払いとなります。また途中解約について返金はいたしません。


毎月1日発売
定価1,728円(税込・送料別)
年間定期購読料 33,572円(税・送料込み。増刊3冊含め15冊分)
増刊号は定価:本体4,860円(税込・送料別)

最新号のご紹介

月刊「化学経済」2018年2月号
  【特集】宇宙ビジネスの展望
    ◆企業の信頼回復に向けて何が必要か
    ◆LED植物工場の進化と経済性の確立

There's a great future in Plastics――問われているもの 石油化学工業協会会長 淡 輪 敏 1

<トップインタビュー>
スペシャリティーの融合体を目指す
   山本 学
 デンカ社長 2

     ■特集 宇宙ビジネスの展望

   宇宙産業政策の概要と今後の方向性について      高橋 建多(経済産業省) 12
   日本の宇宙産業について             山北 和之(日本航空宇宙工業会) 19
   国際宇宙ステーションの日本実験棟「きぼう」での材料研究開発の現状
                松 本 聡,菊池 正雄,田丸 晴香(宇宙航空研究開発機構) 24
   次世代ロケット燃料の研究開発         堀 恵一(宇宙航空研究開発機構) 33
   三井物産の宇宙関連ビジネス 衛星データの活用で産業競争力を強化  編集部 38
   宇宙産業発展のための人材育成について         斎藤 秀俊(工学院大学) 44

 LED植物工場の進化と経済性の確立                鈴木 廣志(昭和電工) 54
 企業の信頼回復に向けて何が必要か~組織のセルフヘルスケアのすすめ~
                                新井 充(東京大学/安全工学会) 60
 コアコンピタンスを活用した持続的な成長戦略(下編)
                      中川 隆之,平野 裕基,沓掛 毅(野村総合研究所) 66
 「化学経済」と化学工業の半世紀 海外化学工業ウォッチャー私記(上)
                                      田口 定雄(産業評論家) 72

 <企業フォーカス> 日華化学
  ①NICCAイノベーションセンター創設の意味するもの             松田 光夫 68
  ②男性向け頭髪化粧品の開発                        安達 健太郎 70

■連 載
IHS Markitのケミカル製品の世界市場分析⑤
  オレフィン系熱可塑性エラストマー(TPO)/フルオロカーボン
                                米山 昌宏,隈本 孝(IHS Markit) 79


TOPICS 三井化学記者会見 アークTOB成立 11
魚眼・複眼 2050年,日本の危機に挑戦を 49
海外は今 アラムコの統合石化世界戦略始動
         低油価にダウンストリーム強化で対応 田口 定雄 50
TOPICS ストックホルム国際青年科学セミナー 52
TOPICS 旭化成,日米でLIB用セパレータ増強 84
書籍紹介 『最強の工場をつくる48の工夫』『地球環境問題がよくわかる本』 85
デ ー タ 主要石油化学製品の生産・輸出入・市況 86


化学工業日報ニュースダイジェスト …… 88   広告索引 ……………………………… 96
次号予告 ………………………………… 96    編集後記 ……………………………… 96


Copyright(c)2010 The Chemical Daily Co., Ltd.