日付検索

2018年2月の記事を読む
2018年1月の記事を読む
2017年12月の記事を読む
2017年11月の記事を読む
2017年10月の記事を読む
2017年9月の記事を読む
2017年8月の記事を読む
2017年7月の記事を読む
2017年6月の記事を読む
2017年5月の記事を読む
2017年4月の記事を読む
2017年3月の記事を読む
2017年2月の記事を読む
2017年1月の記事を読む
2016年12月の記事を読む
2016年11月の記事を読む
2016年10月の記事を読む
2016年9月の記事を読む
2016年8月の記事を読む
2016年7月の記事を読む
2016年6月の記事を読む
2016年5月の記事を読む
2016年4月の記事を読む
2016年3月の記事を読む
2016年2月の記事を読む
2016年1月の記事を読む
2015年12月の記事を読む
2015年11月の記事を読む
2015年10月の記事を読む
2015年9月の記事を読む
2015年8月の記事を読む
2015年7月の記事を読む
2015年6月の記事を読む
2015年5月の記事を読む
2015年4月の記事を読む
2015年3月の記事を読む
2015年2月の記事を読む
2015年1月の記事を読む
2014年12月の記事を読む
2014年11月の記事を読む
2014年10月の記事を読む
2014年9月の記事を読む
2014年8月の記事を読む
2014年7月の記事を読む
2014年6月の記事を読む
2014年5月の記事を読む
2014年4月の記事を読む
2014年3月の記事を読む
2014年2月の記事を読む
2014年1月の記事を読む
2013年12月の記事を読む
2013年11月の記事を読む
2013年10月の記事を読む
2013年9月の記事を読む
2013年8月の記事を読む
2013年7月の記事を読む
2013年6月の記事を読む
2013年5月の記事を読む
2013年4月の記事を読む
2013年3月の記事を読む
2013年2月の記事を読む
2013年1月の記事を読む
2012年12月の記事を読む
2012年11月の記事を読む
2012年10月の記事を読む
2012年9月の記事を読む
2012年8月の記事を読む
2012年7月の記事を読む
2012年6月の記事を読む
2012年5月の記事を読む
2012年4月の記事を読む
2012年3月の記事を読む
2012年2月の記事を読む
2012年1月の記事を読む
2011年12月の記事を読む
2011年11月の記事を読む
2011年10月の記事を読む
2011年9月の記事を読む
2011年8月の記事を読む
2011年7月の記事を読む
2011年6月の記事を読む
2011年5月の記事を読む
2011年4月の記事を読む
2011年3月の記事を読む
2011年2月の記事を読む
2011年1月の記事を読む
2010年12月の記事を読む

ニュースヘッドライン記事詳細

2018年02月13日 前へ 前へ次へ 次へ

エンジ各社は米国での失敗を教訓に

 東洋エンジニアリングが米国でのエチレンプラント建設プロジェクトで巨額の損失を抱え、2017年度業績が180億円の最終赤字になると発表した。同社は、14年度にブラジルプロジェクトの損失で最終赤字に陥り、15年度から再建に取り組んでいたが、またもプロジェクト失敗で挫折した。同社に限らず日本のエンジニアリング、プラント各社は米国のプロジェクトで損失を出しており、共通の問題を抱えているように見える。
 東洋エンジニアリングは、15年4月に信越化学工業の米国子会社のシンテックからエチレンプラント設計・調達・建設(EPC)役務をランプサム(一括請負)契約で受注した。そして東洋エンジニアリングは、建設役務を米大手ゼネコンのCBIにコストレインバース(実費償還)契約で発注している。この2種類の契約方式が損失発生の要因となった。
 工事遅延による追加コストが東洋エンジニアリングの負担となる一方、CBIには納期通りに終わらせるインセンティブは働かない。長雨により完成は6カ月遅れる見通しで、東洋エンジニアリングは累計400億円もの損失を被った。
 米国ではシェールガスを原料とするLNGや石化プロジェクトが相次ぎ、日揮、千代田化工建設、IHI、三井造船などがEPCを受注したが、軒並み巨額損失を背負う結果となっている。ハリケーンなどによる建設の遅れが直接の原因だが、天候のせいだけにしきれない。やはりリスクに対する感度が問われるだろう。高い権利意識や厳格な契約履行を求める米国では、アジアや中東でのプロジェクト遂行と違う難しさがある。
 原油価格がやや回復し、LNG需給が23年ころには締まる見通しにあることから、米国では新規プロジェクトが複数検討されている。しかし従来の遂行体制では、エンジニアリング各社は同じ轍を踏む可能性がある。とりわけ建設段階でのリスクをいかに回避し、極小化する工夫が求められる。米国の実力あるパートナー企業を得ることは重要だが、運命共同体的な感覚は相手には通用しない。
 米国にはプラント需要がありプロジェクトは大型化・複雑化しているため、日本のエンジニアリング企業に対する期待は高い。エンジニアリング各社は、米国のEPC子会社の権限を縮小し本社の関与を高める、受注は設計・調達に止めて建設役務は受注しない―など遂行体制の見直しを検討している。今回の経験から、しっかり学び、リスク要因を確実につぶし、安定的な収益を上げられる最適な手法を確立するよう望みたい。


Copyright(c)2010 The Chemical Daily Co., Ltd.