日付検索

2017年9月の記事を読む
2017年8月の記事を読む
2017年7月の記事を読む
2017年6月の記事を読む
2017年5月の記事を読む
2017年4月の記事を読む
2017年3月の記事を読む
2017年2月の記事を読む
2017年1月の記事を読む
2016年12月の記事を読む
2016年11月の記事を読む
2016年10月の記事を読む
2016年9月の記事を読む
2016年8月の記事を読む
2016年7月の記事を読む
2016年6月の記事を読む
2016年5月の記事を読む
2016年4月の記事を読む
2016年3月の記事を読む
2016年2月の記事を読む
2016年1月の記事を読む
2015年12月の記事を読む
2015年11月の記事を読む
2015年10月の記事を読む
2015年9月の記事を読む
2015年8月の記事を読む
2015年7月の記事を読む
2015年6月の記事を読む
2015年5月の記事を読む
2015年4月の記事を読む
2015年3月の記事を読む
2015年2月の記事を読む
2015年1月の記事を読む
2014年12月の記事を読む
2014年11月の記事を読む
2014年10月の記事を読む
2014年9月の記事を読む
2014年8月の記事を読む
2014年7月の記事を読む
2014年6月の記事を読む
2014年5月の記事を読む
2014年4月の記事を読む
2014年3月の記事を読む
2014年2月の記事を読む
2014年1月の記事を読む
2013年12月の記事を読む
2013年11月の記事を読む
2013年10月の記事を読む
2013年9月の記事を読む
2013年8月の記事を読む
2013年7月の記事を読む
2013年6月の記事を読む
2013年5月の記事を読む
2013年4月の記事を読む
2013年3月の記事を読む
2013年2月の記事を読む
2013年1月の記事を読む
2012年12月の記事を読む
2012年11月の記事を読む
2012年10月の記事を読む
2012年9月の記事を読む
2012年8月の記事を読む
2012年7月の記事を読む
2012年6月の記事を読む
2012年5月の記事を読む
2012年4月の記事を読む
2012年3月の記事を読む
2012年2月の記事を読む
2012年1月の記事を読む
2011年12月の記事を読む
2011年11月の記事を読む
2011年10月の記事を読む
2011年9月の記事を読む
2011年8月の記事を読む
2011年7月の記事を読む
2011年6月の記事を読む
2011年5月の記事を読む
2011年4月の記事を読む
2011年3月の記事を読む
2011年2月の記事を読む
2011年1月の記事を読む
2010年12月の記事を読む

ニュースヘッドライン記事詳細

2017年09月22日 前へ 前へ次へ 次へ

グローバル人材を呼び込む魅力ある製造業に

 タイ・チェンライにある科学技術の中高一貫教育施設を訪ねた。化学者でもあるチュラボーン妃の36歳の誕生日を記念し、全国に12校開設された理系高だ。卒業生の多くは大学で理系を専攻し、タイの科学技術の人的基盤となる▼ITを導入した教育が行われ、学生がグループを組んで科学技術を使った作品を製作するプログラミング授業にも力を入れる。フミン君はそんな学生の1人。18歳で大学進学を目指している▼自動散水機を作ったグループのエースだ。農業国でもあるタイには高いニーズがある。JICAのボランティアで派遣されている平田先生によれば、「散水機自体はそれほど画期的なものではないが、1人でデザインし、プログラムを組み、ラズベリー・パイを使いこなせた点が優れている」と評価する。チェンライと同じくタイ北部で、科学教育に強みのあるチェンマイ大学を目指している。その先は、米国で勉強し就職したい様子がうかがえた▼同校は東京学芸大学付属高校と姉妹校の関係にあり、毎年、1週間の学生交換交流の機会を設けている。フミン君はその交換交流にも選ばれている。同校の必須語学は英語、日本語は選択▼フミン君のような学生が将来グローバル人材になっていく。日本の化学企業に入りたいと思わせる魅力作りも日本の製造業の課題だ。(17・9・22)


Copyright(c)2010 The Chemical Daily Co., Ltd.