日付検索

2017年9月の記事を読む
2017年8月の記事を読む
2017年7月の記事を読む
2017年6月の記事を読む
2017年5月の記事を読む
2017年4月の記事を読む
2017年3月の記事を読む
2017年2月の記事を読む
2017年1月の記事を読む
2016年12月の記事を読む
2016年11月の記事を読む
2016年10月の記事を読む
2016年9月の記事を読む
2016年8月の記事を読む
2016年7月の記事を読む
2016年6月の記事を読む
2016年5月の記事を読む
2016年4月の記事を読む
2016年3月の記事を読む
2016年2月の記事を読む
2016年1月の記事を読む
2015年12月の記事を読む
2015年11月の記事を読む
2015年10月の記事を読む
2015年9月の記事を読む
2015年8月の記事を読む
2015年7月の記事を読む
2015年6月の記事を読む
2015年5月の記事を読む
2015年4月の記事を読む
2015年3月の記事を読む
2015年2月の記事を読む
2015年1月の記事を読む
2014年12月の記事を読む
2014年11月の記事を読む
2014年10月の記事を読む
2014年9月の記事を読む
2014年8月の記事を読む
2014年7月の記事を読む
2014年6月の記事を読む
2014年5月の記事を読む
2014年4月の記事を読む
2014年3月の記事を読む
2014年2月の記事を読む
2014年1月の記事を読む
2013年12月の記事を読む
2013年11月の記事を読む
2013年10月の記事を読む
2013年9月の記事を読む
2013年8月の記事を読む
2013年7月の記事を読む
2013年6月の記事を読む
2013年5月の記事を読む
2013年4月の記事を読む
2013年3月の記事を読む
2013年2月の記事を読む
2013年1月の記事を読む
2012年12月の記事を読む
2012年11月の記事を読む
2012年10月の記事を読む
2012年9月の記事を読む
2012年8月の記事を読む
2012年7月の記事を読む
2012年6月の記事を読む
2012年5月の記事を読む
2012年4月の記事を読む
2012年3月の記事を読む
2012年2月の記事を読む
2012年1月の記事を読む
2011年12月の記事を読む
2011年11月の記事を読む
2011年10月の記事を読む
2011年9月の記事を読む
2011年8月の記事を読む
2011年7月の記事を読む
2011年6月の記事を読む
2011年5月の記事を読む
2011年4月の記事を読む
2011年3月の記事を読む
2011年2月の記事を読む
2011年1月の記事を読む
2010年12月の記事を読む

ニュースヘッドライン記事詳細

2017年09月14日 前へ 前へ次へ 次へ

京都で神経学の合同学術会議

 第58回日本神経学会学術大会と第?回世界神経学会議(WCN2017)が16日から21日まで京都国際会館で共同開催される。WCNが初めて日本で開催されたのが1981年。これまで2回開催されたのはロンドンとウィーンだけだが、開催場所が同じなのは日本だけだそうだ▼神経疾患というと大脳、小脳、脳幹、脊髄、末梢神経、そして筋肉まで含まれる。外科で脳を手術したらその後は神経内科医が治療するなど、神経内科医は幅広い内科医としての資質も要求される。日本で難病に指定されている疾患約330のうち神経内科関連が約130もあり、結構しんどい医療現場だ▼超高齢化社会の先頭を走る日本にとってアルツハイマー病などの認知症対策は国家的課題だ。かつて神経疾患は対症療法に終始し治療ということが困難だったが、遺伝子治療など近年ようやく治療に値する医療技術開発が目立ってきた。狂牛病などで話題になったプリオン感染は未だに致死率100%。アルツハイマー病、パーキンソン病などもプリオン仮説が当てはまるとされ、それが治療法開発の突破口を開くこともありえる。ターゲットが見え始めたということのように思う▼世界を意識した合同開催なので発表論文は100%英語だが、事務局は日本語セッションも用意、幅広い参加を求めている。(17・9・14)


Copyright(c)2010 The Chemical Daily Co., Ltd.