日付検索

2017年7月の記事を読む
2017年6月の記事を読む
2017年5月の記事を読む
2017年4月の記事を読む
2017年3月の記事を読む
2017年2月の記事を読む
2017年1月の記事を読む
2016年12月の記事を読む
2016年11月の記事を読む
2016年10月の記事を読む
2016年9月の記事を読む
2016年8月の記事を読む
2016年7月の記事を読む
2016年6月の記事を読む
2016年5月の記事を読む
2016年4月の記事を読む
2016年3月の記事を読む
2016年2月の記事を読む
2016年1月の記事を読む
2015年12月の記事を読む
2015年11月の記事を読む
2015年10月の記事を読む
2015年9月の記事を読む
2015年8月の記事を読む
2015年7月の記事を読む
2015年6月の記事を読む
2015年5月の記事を読む
2015年4月の記事を読む
2015年3月の記事を読む
2015年2月の記事を読む
2015年1月の記事を読む
2014年12月の記事を読む
2014年11月の記事を読む
2014年10月の記事を読む
2014年9月の記事を読む
2014年8月の記事を読む
2014年7月の記事を読む
2014年6月の記事を読む
2014年5月の記事を読む
2014年4月の記事を読む
2014年3月の記事を読む
2014年2月の記事を読む
2014年1月の記事を読む
2013年12月の記事を読む
2013年11月の記事を読む
2013年10月の記事を読む
2013年9月の記事を読む
2013年8月の記事を読む
2013年7月の記事を読む
2013年6月の記事を読む
2013年5月の記事を読む
2013年4月の記事を読む
2013年3月の記事を読む
2013年2月の記事を読む
2013年1月の記事を読む
2012年12月の記事を読む
2012年11月の記事を読む
2012年10月の記事を読む
2012年9月の記事を読む
2012年8月の記事を読む
2012年7月の記事を読む
2012年6月の記事を読む
2012年5月の記事を読む
2012年4月の記事を読む
2012年3月の記事を読む
2012年2月の記事を読む
2012年1月の記事を読む
2011年12月の記事を読む
2011年11月の記事を読む
2011年10月の記事を読む
2011年9月の記事を読む
2011年8月の記事を読む
2011年7月の記事を読む
2011年6月の記事を読む
2011年5月の記事を読む
2011年4月の記事を読む
2011年3月の記事を読む
2011年2月の記事を読む
2011年1月の記事を読む
2010年12月の記事を読む

ニュースヘッドライン記事詳細

2017年07月14日 前へ 前へ次へ 次へ

昭和電工・森川宏平社長に聞く 高純度ガス・HDの需要拡大

2017071414showadenko.jpg 昭和電工の2017年1―3月期業績は、営業利益が前年同期比で約7倍の197億円となり、第1四半期として過去最高を更新した。大幅増益を牽引した石油化学製品や半導体用高純度ガス、ハードディスク(HD)などは17年後半以降も好況が持続するか。森川宏平社長に見通しを聞いた。
 ― 今期の好業績をどう分析していますか。
 「大きく2つの要因がある。一つは中国や東南アジアなどで消費の担い手になる中間層に厚みが出ていることだ。消費財や化粧品に使う石油化学製品や機能性化学品、飲料用アルミ缶などの販売を通じ、消費者の購買力の高まりを実感している」
 「もう一つ半導体用高純度ガスやHD事業で感じるのは、言葉が先行していたIoT(モノのインターネット)やビッグデータなどの活用が実体をともなって存在感を増していることだ。中間層が台頭し、半導体などすそ野が広い分野がしっかりと動くことで、世界経済は強くなっているとの見方ができるのではないか」
 ― 米国でシェール由来化学品の新設計画が稼働します。今後の影響をどうみますか。
 「石油化学製品の世界需要も伸び続けている。短期的に需給が緩む可能性はあるが、過度な増産幅でなければ需要はいずれ供給に追いつくだろう。当社としては石油化学事業の市況変動の影響をいかに抑え、利益率を高めるかが命題。ポリプロピレンメーカーを連結子会社化して事業基盤を強化したが、触媒の寿命や収率を伸ばすといった研究開発などにも取り組んでいるところだ」
 ― 高純度ガスやHDの需要環境の見通しは。
 「半導体業界ではデータを記憶するNAND型フラッシュメモリーの記憶容量を高める基板の3次元化が進む。プロセスが複雑になるほど製造工程では多量のガスが必要になる。実際に当社の高純度ガスは過去5年で売上高が2倍に増えた。また、世の中を飛び交うデータのうち保存されるのはわずか2%程度といわれるが、必要とされる記憶容量が増えればメモリーやHDの需要はさらに拡大するだろう」
 「当社のHDは1―3月期に出荷枚数が前年同期比35%増えた。データセンター向けで出荷が伸びている。ハードディスク駆動装置(HDD)の記憶容量当たりの単価はNANDを使うソリッド・ステート・ドライブ(SSD)の10分の1程度。SSDが普及する一方で、データ需要の拡大を追い風にHDDもSSDと共存できる状況になっている。両者の共存は価格差を現行水準に保つことが大前提になるが、当社のロードマップでそれは維持できるとみている」
 ― 苦戦が続いた電炉向け黒鉛電極も需要が強まっています。
 「中国政府の低品位な鋼材に対する取り締まりや、米国の石油掘削装置(リグ)の稼働数回復にともなう鋼材需要などから、電炉メーカーの稼働率が高まっている。黒鉛電極の需要サイクルは底入れから上昇局面に入ったのではないかとみている」
 ― 将来の収益源として育成中のパワー半導体用炭化ケイ素(SiC)ウエハーやリチウムイオン2次電池(LiB)材料の現状については。
 「SiCウエハーは品質、コストパフォーマンスの向上に取り組んでいるところ。研究開発投資が先行するが、市場が立ち上がり利益確保が見通せるようになった段階で事業部に昇格させる方針だ」
 「LiB材料は中国でエコカー補助金政策の見直しがあった影響で1―3月期は落ち込んだが、ここにきて需要は昨年と同水準まで回復し、後半戦に期待している。現状は中国の電気自動車(EV)やEVバスなど車載用途がリチウムイオン電池需要を牽引するが、欧州自動車メーカーの今後の動向には注目している」
(聞き手=広木功、小林徹也)


Copyright(c)2010 The Chemical Daily Co., Ltd.