日付検索

2017年5月の記事を読む
2017年4月の記事を読む
2017年3月の記事を読む
2017年2月の記事を読む
2017年1月の記事を読む
2016年12月の記事を読む
2016年11月の記事を読む
2016年10月の記事を読む
2016年9月の記事を読む
2016年8月の記事を読む
2016年7月の記事を読む
2016年6月の記事を読む
2016年5月の記事を読む
2016年4月の記事を読む
2016年3月の記事を読む
2016年2月の記事を読む
2016年1月の記事を読む
2015年12月の記事を読む
2015年11月の記事を読む
2015年10月の記事を読む
2015年9月の記事を読む
2015年8月の記事を読む
2015年7月の記事を読む
2015年6月の記事を読む
2015年5月の記事を読む
2015年4月の記事を読む
2015年3月の記事を読む
2015年2月の記事を読む
2015年1月の記事を読む
2014年12月の記事を読む
2014年11月の記事を読む
2014年10月の記事を読む
2014年9月の記事を読む
2014年8月の記事を読む
2014年7月の記事を読む
2014年6月の記事を読む
2014年5月の記事を読む
2014年4月の記事を読む
2014年3月の記事を読む
2014年2月の記事を読む
2014年1月の記事を読む
2013年12月の記事を読む
2013年11月の記事を読む
2013年10月の記事を読む
2013年9月の記事を読む
2013年8月の記事を読む
2013年7月の記事を読む
2013年6月の記事を読む
2013年5月の記事を読む
2013年4月の記事を読む
2013年3月の記事を読む
2013年2月の記事を読む
2013年1月の記事を読む
2012年12月の記事を読む
2012年11月の記事を読む
2012年10月の記事を読む
2012年9月の記事を読む
2012年8月の記事を読む
2012年7月の記事を読む
2012年6月の記事を読む
2012年5月の記事を読む
2012年4月の記事を読む
2012年3月の記事を読む
2012年2月の記事を読む
2012年1月の記事を読む
2011年12月の記事を読む
2011年11月の記事を読む
2011年10月の記事を読む
2011年9月の記事を読む
2011年8月の記事を読む
2011年7月の記事を読む
2011年6月の記事を読む
2011年5月の記事を読む
2011年4月の記事を読む
2011年3月の記事を読む
2011年2月の記事を読む
2011年1月の記事を読む
2010年12月の記事を読む

ニュースヘッドライン記事詳細

2017年05月22日 前へ 前へ次へ 次へ

将棋界の驚異のニューヒーロー

 将棋界の看板息子とでも呼ぶべきか。史上最年少プロ棋士、藤井聡太4段の快進撃が止まらない。デビュー戦は昨年12月。最年長棋士の加藤一二三9段との対局が話題を集めた。ここで勝利して以降、公式戦無敗の18連勝▼中学生でプロ棋士になったのが史上5人目。今までの4人はいずれも後にタイトルを獲得したトップ棋士ばかり。中学生棋士というだけでもごく稀なことだが、デビュー戦からの連勝記録を更新し続けているのは衝撃的。歴代の連勝記録でも7位タイまで浮上した▼1局勝つごとにメディアの扱いが大きくなる。それにつれ取材陣も膨れあがる。最近は、羽生善治3冠が7冠制覇に挑戦した時に匹敵する人数の記者やカメラマンが押し寄せるようだ。時に的外れな質問を受けたりもするが、態度物腰は中学生とは思えない落ち着きぶり▼将棋界では昨年来、不正疑惑に端を発した騒動が尾を引き、イメージダウンを余儀なくされた。そんな中、明るい話題で世間の関心を引き寄せるのだから救世主と言っていい▼連勝記録の更新が続けば続くほど、それが止まればそのこと自体がニュースとしてメディアに大きく報じられる。注目度が高いから対局のネット中継も組まれる。一人のニューヒーロー出現が、将棋界とその周辺に劇的な変化をもたらしている。次の対局は25日。


Copyright(c)2010 The Chemical Daily Co., Ltd.