日付検索

2016年4月の記事を読む
2016年3月の記事を読む
2016年2月の記事を読む
2016年1月の記事を読む
2015年12月の記事を読む
2015年11月の記事を読む
2015年10月の記事を読む
2015年9月の記事を読む
2015年8月の記事を読む
2015年7月の記事を読む
2015年6月の記事を読む
2015年5月の記事を読む
2015年4月の記事を読む
2015年3月の記事を読む
2015年2月の記事を読む
2015年1月の記事を読む
2014年12月の記事を読む
2014年11月の記事を読む
2014年10月の記事を読む
2014年9月の記事を読む
2014年8月の記事を読む
2014年7月の記事を読む
2014年6月の記事を読む
2014年5月の記事を読む
2014年4月の記事を読む
2014年3月の記事を読む
2014年2月の記事を読む
2014年1月の記事を読む
2013年12月の記事を読む
2013年11月の記事を読む
2013年10月の記事を読む
2013年9月の記事を読む
2013年8月の記事を読む
2013年7月の記事を読む
2013年6月の記事を読む
2013年5月の記事を読む
2013年4月の記事を読む
2013年3月の記事を読む
2013年2月の記事を読む
2013年1月の記事を読む
2012年12月の記事を読む
2012年11月の記事を読む
2012年10月の記事を読む
2012年9月の記事を読む
2012年8月の記事を読む
2012年7月の記事を読む
2012年6月の記事を読む
2012年5月の記事を読む
2012年4月の記事を読む
2012年3月の記事を読む
2012年2月の記事を読む
2012年1月の記事を読む
2011年12月の記事を読む
2011年11月の記事を読む
2011年10月の記事を読む
2011年9月の記事を読む
2011年8月の記事を読む
2011年7月の記事を読む
2011年6月の記事を読む
2011年5月の記事を読む
2011年4月の記事を読む
2011年3月の記事を読む
2011年2月の記事を読む
2011年1月の記事を読む
2010年12月の記事を読む

ニュースヘッドライン記事詳細

2016年04月19日 前へ 前へ次へ 次へ

時代の変化に対応し続けるCPhI

 化学工業日報社、UBMジャパンなどが主催する国際医薬品原料・中間体展「CPhI Japan 2016」が、あす20日から東京ビッグサイトで始まる。5つの専門展が併催される製薬業界向け総合展として定着し、これまでグローバル化の進展や技術の変遷など時代変化に迅速な対応を図ってきた。さらに今回、製薬業界に特化したITフェア「ヘルスケアIT」も併催され、より最新の業界動向を把握できる場として注目を集めそうだ。
 CPhIを中心とする同総合展は、昨年からは医療機器開発のための5展示会とともに「ジャパンライフサイエンスウィーク」として一大イベントを展開している。これに本格的なITフェアのニーズに対応したヘルスケアITが加わる。ここではITソリューション、サービスなどを取り扱う企業が、創薬から開発、製造、流通、マーケティングにいたる各分野の関連技術を披露する。
 CPhIでは、セミナーなども通じてプロセス化学や再生医療、バイオ医薬などに関する最新技術・動向を紹介してきた。製薬業界で働く女性達のネットワークづくりを応援する「CPhI Women」も第2回を迎える。ヘルスケアIT含め、来場者のニーズを満たすライフサイエンス総合展として存在感を増している。同ウィーク期間中に計11の展示会合わせて5万人超の来場を見込んでおり、相乗効果が期待される。
 この間、製薬産業を取り巻く環境は変化してきた。その代表例がジェネリック医薬品(後発薬)の台頭だ。2018―20年度末までに後発薬のシェアを80%以上に高める―という政府目標に沿って、増産に向けた動きが活発化している。
 後発薬の普及は原薬・中間体メーカーに安定供給体制の構築を迫っている。高品質を確保したうえで、いかに対応するか、各社が知恵を絞っている。コスト競争力を武器に日本で市場展開を強める海外勢との競合も、過熱の度を増している。日本の原薬・中間体メーカーは、生産性向上のためプロセス改善などに取り組む一方、インドなどで拠点確保に動いている。
 後発薬の台頭に対して、新薬メーカーも研究開発を加速する格好で対抗している。創薬イノベーション推進という政府方針の下、画期的新薬の開発に向けて、この動きは一段と加速するだろう。これら先端ニーズへの対応は原薬・中間体メーカーにも高度な要求を突きつける。CPhIに求められる役割は、製薬産業を取り巻く環境変化とともに今後、さらに高まっていくに違いない。


Copyright(c)2010 The Chemical Daily Co., Ltd.