日付検索

2015年12月の記事を読む
2015年11月の記事を読む
2015年10月の記事を読む
2015年9月の記事を読む
2015年8月の記事を読む
2015年7月の記事を読む
2015年6月の記事を読む
2015年5月の記事を読む
2015年4月の記事を読む
2015年3月の記事を読む
2015年2月の記事を読む
2015年1月の記事を読む
2014年12月の記事を読む
2014年11月の記事を読む
2014年10月の記事を読む
2014年9月の記事を読む
2014年8月の記事を読む
2014年7月の記事を読む
2014年6月の記事を読む
2014年5月の記事を読む
2014年4月の記事を読む
2014年3月の記事を読む
2014年2月の記事を読む
2014年1月の記事を読む
2013年12月の記事を読む
2013年11月の記事を読む
2013年10月の記事を読む
2013年9月の記事を読む
2013年8月の記事を読む
2013年7月の記事を読む
2013年6月の記事を読む
2013年5月の記事を読む
2013年4月の記事を読む
2013年3月の記事を読む
2013年2月の記事を読む
2013年1月の記事を読む
2012年12月の記事を読む
2012年11月の記事を読む
2012年10月の記事を読む
2012年9月の記事を読む
2012年8月の記事を読む
2012年7月の記事を読む
2012年6月の記事を読む
2012年5月の記事を読む
2012年4月の記事を読む
2012年3月の記事を読む
2012年2月の記事を読む
2012年1月の記事を読む
2011年12月の記事を読む
2011年11月の記事を読む
2011年10月の記事を読む
2011年9月の記事を読む
2011年8月の記事を読む
2011年7月の記事を読む
2011年6月の記事を読む
2011年5月の記事を読む
2011年4月の記事を読む
2011年3月の記事を読む
2011年2月の記事を読む
2011年1月の記事を読む
2010年12月の記事を読む

ニュースヘッドライン記事詳細

2015年12月22日 前へ 前へ次へ 次へ

アイカーボン CFRPリサイクルを本格展開 電気分解を利用

アイカーボン CFRPリサイクルを本格展開 電気分解を利用

 ベンチャー企業のアイカーボン(本社・青森県)は、炭素繊維のリサイクル事業に本格的に乗り出す。電気分解によりマトリックス樹脂を取り除く同社の手法は、炭素繊維を痛めにくく、表面の親水基も保持するため抄紙法によりカーボンペーパーを作りやすい。すでに有償で継続引き取りする需要家を得ており、炭素繊維複合材料(CFRP)廃棄物の引き取りルートも確立済み。事業拡大に向け、生産規模を引き上げるための投資も決定している。来春には年間80トンの炭素繊維を回収する設備を立ち上げる。

 【写真】水溶液の状態で炭素繊維を回収し、ある程度脱水したうえで供給する。


Copyright(c)2010 The Chemical Daily Co., Ltd.