日付検索

2015年11月の記事を読む
2015年10月の記事を読む
2015年9月の記事を読む
2015年8月の記事を読む
2015年7月の記事を読む
2015年6月の記事を読む
2015年5月の記事を読む
2015年4月の記事を読む
2015年3月の記事を読む
2015年2月の記事を読む
2015年1月の記事を読む
2014年12月の記事を読む
2014年11月の記事を読む
2014年10月の記事を読む
2014年9月の記事を読む
2014年8月の記事を読む
2014年7月の記事を読む
2014年6月の記事を読む
2014年5月の記事を読む
2014年4月の記事を読む
2014年3月の記事を読む
2014年2月の記事を読む
2014年1月の記事を読む
2013年12月の記事を読む
2013年11月の記事を読む
2013年10月の記事を読む
2013年9月の記事を読む
2013年8月の記事を読む
2013年7月の記事を読む
2013年6月の記事を読む
2013年5月の記事を読む
2013年4月の記事を読む
2013年3月の記事を読む
2013年2月の記事を読む
2013年1月の記事を読む
2012年12月の記事を読む
2012年11月の記事を読む
2012年10月の記事を読む
2012年9月の記事を読む
2012年8月の記事を読む
2012年7月の記事を読む
2012年6月の記事を読む
2012年5月の記事を読む
2012年4月の記事を読む
2012年3月の記事を読む
2012年2月の記事を読む
2012年1月の記事を読む
2011年12月の記事を読む
2011年11月の記事を読む
2011年10月の記事を読む
2011年9月の記事を読む
2011年8月の記事を読む
2011年7月の記事を読む
2011年6月の記事を読む
2011年5月の記事を読む
2011年4月の記事を読む
2011年3月の記事を読む
2011年2月の記事を読む
2011年1月の記事を読む
2010年12月の記事を読む

ニュースヘッドライン記事詳細

2015年09月30日 前へ 前へ次へ 次へ

JXエネ 機能化学品で「営研工」一貫体制 事業利益200億円目標に

 JX日鉱日石エネルギーは、10月1日付の組織改正で機能化学品カンパニーにおける「営研工」一貫体制を完成させる。中央技術研究所からナノ技術などを取り込み、開発推進グループを新設。部材デバイス分野を中心に新たな事業モデルの構築にも弾みをつける。ユニット制を廃止する不織布事業は、研究開発の強化によって付加価値化を追求。複合材も柱の一つに育成していく。同社の機能化学品事業は、2020年度に事業利益200億円、海外売上高比率75%の達成を目標に掲げており、いよいよ「勝負のステージ」に突入する。


           〔機能化学品カンパニーの組織改正〕

JXエネ 機能化学品で「営研工」一貫体制 事業利益200億円目標に

Copyright(c)2010 The Chemical Daily Co., Ltd.