日付検索

2015年10月の記事を読む
2015年9月の記事を読む
2015年8月の記事を読む
2015年7月の記事を読む
2015年6月の記事を読む
2015年5月の記事を読む
2015年4月の記事を読む
2015年3月の記事を読む
2015年2月の記事を読む
2015年1月の記事を読む
2014年12月の記事を読む
2014年11月の記事を読む
2014年10月の記事を読む
2014年9月の記事を読む
2014年8月の記事を読む
2014年7月の記事を読む
2014年6月の記事を読む
2014年5月の記事を読む
2014年4月の記事を読む
2014年3月の記事を読む
2014年2月の記事を読む
2014年1月の記事を読む
2013年12月の記事を読む
2013年11月の記事を読む
2013年10月の記事を読む
2013年9月の記事を読む
2013年8月の記事を読む
2013年7月の記事を読む
2013年6月の記事を読む
2013年5月の記事を読む
2013年4月の記事を読む
2013年3月の記事を読む
2013年2月の記事を読む
2013年1月の記事を読む
2012年12月の記事を読む
2012年11月の記事を読む
2012年10月の記事を読む
2012年9月の記事を読む
2012年8月の記事を読む
2012年7月の記事を読む
2012年6月の記事を読む
2012年5月の記事を読む
2012年4月の記事を読む
2012年3月の記事を読む
2012年2月の記事を読む
2012年1月の記事を読む
2011年12月の記事を読む
2011年11月の記事を読む
2011年10月の記事を読む
2011年9月の記事を読む
2011年8月の記事を読む
2011年7月の記事を読む
2011年6月の記事を読む
2011年5月の記事を読む
2011年4月の記事を読む
2011年3月の記事を読む
2011年2月の記事を読む
2011年1月の記事を読む
2010年12月の記事を読む

ニュースヘッドライン記事詳細

2014年11月28日 前へ 前へ次へ 次へ

日本は受動喫煙保護後進国

 「あなたがタバコを吸うことは自由だ。ただ、あなたのタバコの煙を私に吸わせる権利をあなたは有していない」。嫌煙権のロジックはここにある。受動喫煙を規制する動きが徐々に広まってきた▼神奈川県では4年前から学校、病院、官公庁施設など第1種施設は禁煙、飲食店、ホテルなど第2種施設の分煙条例を制定している▼東京五輪を6年後に控え、海外からの観光客への対応策として受動喫煙規制の強化も議論されている。今年8月の桝添都知事の「議会できちんと条例を通せばできる」との発言から条例制定が進もうとしている▼よく言われることだが、嫌煙者を受動喫煙から保護することでは、日本は北米はおろか、欧州、さらにはアジアの国々に遅れている。日本を初めて訪れた人には、清潔で近代的というイメージとタバコ規制の緩やかさのギャップに驚きを持つケースが少なくない。とくにレストランでタバコを吸うことに嫌悪感ともいえる悪い印象を抱く人も多い▼ASEANに比較しても、日本は受動喫煙保護後進国。喫煙者に緩いことは、その煙から吸わない人を守ることに鈍感ということと裏腹であることに気付くべきだ▼日本の美も味も、タバコの煙のなかでは楽しめない人がたくさんいることをもっと知らなければ、どんな「おもてなし」も台無しになる。


Copyright(c)2010 The Chemical Daily Co., Ltd.