日付検索

2015年10月の記事を読む
2015年9月の記事を読む
2015年8月の記事を読む
2015年7月の記事を読む
2015年6月の記事を読む
2015年5月の記事を読む
2015年4月の記事を読む
2015年3月の記事を読む
2015年2月の記事を読む
2015年1月の記事を読む
2014年12月の記事を読む
2014年11月の記事を読む
2014年10月の記事を読む
2014年9月の記事を読む
2014年8月の記事を読む
2014年7月の記事を読む
2014年6月の記事を読む
2014年5月の記事を読む
2014年4月の記事を読む
2014年3月の記事を読む
2014年2月の記事を読む
2014年1月の記事を読む
2013年12月の記事を読む
2013年11月の記事を読む
2013年10月の記事を読む
2013年9月の記事を読む
2013年8月の記事を読む
2013年7月の記事を読む
2013年6月の記事を読む
2013年5月の記事を読む
2013年4月の記事を読む
2013年3月の記事を読む
2013年2月の記事を読む
2013年1月の記事を読む
2012年12月の記事を読む
2012年11月の記事を読む
2012年10月の記事を読む
2012年9月の記事を読む
2012年8月の記事を読む
2012年7月の記事を読む
2012年6月の記事を読む
2012年5月の記事を読む
2012年4月の記事を読む
2012年3月の記事を読む
2012年2月の記事を読む
2012年1月の記事を読む
2011年12月の記事を読む
2011年11月の記事を読む
2011年10月の記事を読む
2011年9月の記事を読む
2011年8月の記事を読む
2011年7月の記事を読む
2011年6月の記事を読む
2011年5月の記事を読む
2011年4月の記事を読む
2011年3月の記事を読む
2011年2月の記事を読む
2011年1月の記事を読む
2010年12月の記事を読む

ニュースヘッドライン記事詳細

2014年09月26日 前へ 前へ次へ 次へ

総合化学の看板を下ろしたバイエル

 デュポン、ダウ・ケミカル、バイエル。欧米化学企業の事業構造転換の速度は落ちない。デュポンは機能性化学品事業を分社化、ダウ・ケミカルは年間売上規模合計6000億円の事業撤退に乗り出した▼今回、バイエルが分離・上場を発表した素材科学部門を残し、ゴムや無機化学品などの化学事業を分離(現ランクセス)したのは2005年。この当時から、バイエルマテリアルサイエンス(BMS)の売却や分離に関する推測は消えることはなかった。実際、医薬品や農薬事業との相乗効果は薄く、機会ある度にメディアを賑わしてきた。とくに、ここ数年は夏の年中行事化した感さえあった▼バイエルは総合化学の看板を下ろし、ライフサイエンス企業としての道をひた走る。デュポン、ダウ・ケミカル、バイエル、いずれも分離の対象となったのは赤字に苦しむ事業ではない。BMSはポリカーボネート、ウレタンを主力に、直近では5億を超える営業利益を計上している。世界の同業と比べても、収益力の高さは際立つ▼それでも医農薬と比べると、収益力、安定性ともに見劣りする。バイエルはこれで2つの事業が柱となる。だが、欧米の同じような企業の動きをみると、最終的にはヘルスケア一本に集約された例が多い。バイエルの事業再編はまだ序章の終わりなのだろうか。


Copyright(c)2010 The Chemical Daily Co., Ltd.