日付検索

2015年10月の記事を読む
2015年9月の記事を読む
2015年8月の記事を読む
2015年7月の記事を読む
2015年6月の記事を読む
2015年5月の記事を読む
2015年4月の記事を読む
2015年3月の記事を読む
2015年2月の記事を読む
2015年1月の記事を読む
2014年12月の記事を読む
2014年11月の記事を読む
2014年10月の記事を読む
2014年9月の記事を読む
2014年8月の記事を読む
2014年7月の記事を読む
2014年6月の記事を読む
2014年5月の記事を読む
2014年4月の記事を読む
2014年3月の記事を読む
2014年2月の記事を読む
2014年1月の記事を読む
2013年12月の記事を読む
2013年11月の記事を読む
2013年10月の記事を読む
2013年9月の記事を読む
2013年8月の記事を読む
2013年7月の記事を読む
2013年6月の記事を読む
2013年5月の記事を読む
2013年4月の記事を読む
2013年3月の記事を読む
2013年2月の記事を読む
2013年1月の記事を読む
2012年12月の記事を読む
2012年11月の記事を読む
2012年10月の記事を読む
2012年9月の記事を読む
2012年8月の記事を読む
2012年7月の記事を読む
2012年6月の記事を読む
2012年5月の記事を読む
2012年4月の記事を読む
2012年3月の記事を読む
2012年2月の記事を読む
2012年1月の記事を読む
2011年12月の記事を読む
2011年11月の記事を読む
2011年10月の記事を読む
2011年9月の記事を読む
2011年8月の記事を読む
2011年7月の記事を読む
2011年6月の記事を読む
2011年5月の記事を読む
2011年4月の記事を読む
2011年3月の記事を読む
2011年2月の記事を読む
2011年1月の記事を読む
2010年12月の記事を読む

ニュースヘッドライン記事詳細

2014年08月29日 前へ 前へ次へ 次へ

協和発酵キリン ロミプレート 独自にAA適応目指す

 協和発酵キリンは血液領域で希少疾病薬の開発を強化する。トロンボポエチン(TPO)受容体作動薬「ロミプレート」(一般名・ロミプロスチム)について、再生不良性貧血(AA)への適応拡大を目指したフェーズ2(P2)を韓国で開始した。ロミプレートのAA適応拡大は導入元である米アムジェンは開発しておらず、協和発酵キリンの独自の取り組み。P2で有効性と安全性が確認できしだい、日本を含めたP3に着手する計画だ。協和発酵キリンは医療ニーズの高い希少疾病薬の開発に注力することで、重点分野である血液領域で存在感をさらに高めていく。


Copyright(c)2010 The Chemical Daily Co., Ltd.