日付検索

2015年10月の記事を読む
2015年9月の記事を読む
2015年8月の記事を読む
2015年7月の記事を読む
2015年6月の記事を読む
2015年5月の記事を読む
2015年4月の記事を読む
2015年3月の記事を読む
2015年2月の記事を読む
2015年1月の記事を読む
2014年12月の記事を読む
2014年11月の記事を読む
2014年10月の記事を読む
2014年9月の記事を読む
2014年8月の記事を読む
2014年7月の記事を読む
2014年6月の記事を読む
2014年5月の記事を読む
2014年4月の記事を読む
2014年3月の記事を読む
2014年2月の記事を読む
2014年1月の記事を読む
2013年12月の記事を読む
2013年11月の記事を読む
2013年10月の記事を読む
2013年9月の記事を読む
2013年8月の記事を読む
2013年7月の記事を読む
2013年6月の記事を読む
2013年5月の記事を読む
2013年4月の記事を読む
2013年3月の記事を読む
2013年2月の記事を読む
2013年1月の記事を読む
2012年12月の記事を読む
2012年11月の記事を読む
2012年10月の記事を読む
2012年9月の記事を読む
2012年8月の記事を読む
2012年7月の記事を読む
2012年6月の記事を読む
2012年5月の記事を読む
2012年4月の記事を読む
2012年3月の記事を読む
2012年2月の記事を読む
2012年1月の記事を読む
2011年12月の記事を読む
2011年11月の記事を読む
2011年10月の記事を読む
2011年9月の記事を読む
2011年8月の記事を読む
2011年7月の記事を読む
2011年6月の記事を読む
2011年5月の記事を読む
2011年4月の記事を読む
2011年3月の記事を読む
2011年2月の記事を読む
2011年1月の記事を読む
2010年12月の記事を読む

ニュースヘッドライン記事詳細

2014年02月28日 前へ 前へ次へ 次へ

待ちわびる春到来

 明日から3月。今年は春をひとしお待ちわびるという人も多いのではないか。厳しい寒さと二度の大雪で、予定が狂ったという人も少なくないだろう。寒さもようやく緩み、梅も一気に見ごろになる。東京の郊外でも、そこかしこで野鳥の声のトーンが上がってきた▼来週は寒いとの予報。三寒四温のリズムに入ったきたのだろうか。もうすぐ春一番、そして桜の便りが北上してくる。ソチ五輪で忘れられていたプロ野球もオープン戦が始まった。筍を代表に春の食べ物もこれから本番。心が弾む季節だ▼一方で花粉症の人は悩ましい季節となる。インフルエンザや花粉症対策に半年近くマスクが離せないという人もいるに違いない。寒暖差アレルギーも軽視できない。とくに日ごとの最高気温の差の激しいこの季節は発症率が高い。7度C以上の気温差によって、刺激が鼻の血管を広げ、むくみによりアレルギー症状を引き起こす。自律神経にも寒暖差は影響をもたらす▼振り返ると、昨年10月11日の東京は最高気温が30度を超え、「観測史上最も遅い真夏日」となった。関東地方の大雪による被害の大きさはかつてない規模だ。前例のない天候は生活や健康に影響を及ぼす。寒暖差アレルギーは決め手となる対策はないようだ。生活の基本に忠実に健康を維持して年度末を乗り切りたい。


Copyright(c)2010 The Chemical Daily Co., Ltd.