日付検索

2015年10月の記事を読む
2015年9月の記事を読む
2015年8月の記事を読む
2015年7月の記事を読む
2015年6月の記事を読む
2015年5月の記事を読む
2015年4月の記事を読む
2015年3月の記事を読む
2015年2月の記事を読む
2015年1月の記事を読む
2014年12月の記事を読む
2014年11月の記事を読む
2014年10月の記事を読む
2014年9月の記事を読む
2014年8月の記事を読む
2014年7月の記事を読む
2014年6月の記事を読む
2014年5月の記事を読む
2014年4月の記事を読む
2014年3月の記事を読む
2014年2月の記事を読む
2014年1月の記事を読む
2013年12月の記事を読む
2013年11月の記事を読む
2013年10月の記事を読む
2013年9月の記事を読む
2013年8月の記事を読む
2013年7月の記事を読む
2013年6月の記事を読む
2013年5月の記事を読む
2013年4月の記事を読む
2013年3月の記事を読む
2013年2月の記事を読む
2013年1月の記事を読む
2012年12月の記事を読む
2012年11月の記事を読む
2012年10月の記事を読む
2012年9月の記事を読む
2012年8月の記事を読む
2012年7月の記事を読む
2012年6月の記事を読む
2012年5月の記事を読む
2012年4月の記事を読む
2012年3月の記事を読む
2012年2月の記事を読む
2012年1月の記事を読む
2011年12月の記事を読む
2011年11月の記事を読む
2011年10月の記事を読む
2011年9月の記事を読む
2011年8月の記事を読む
2011年7月の記事を読む
2011年6月の記事を読む
2011年5月の記事を読む
2011年4月の記事を読む
2011年3月の記事を読む
2011年2月の記事を読む
2011年1月の記事を読む
2010年12月の記事を読む

ニュースヘッドライン記事詳細

2014年02月28日 前へ 前へ次へ 次へ

エポキシ樹脂 値上げほぼ出揃う

 エポキシ樹脂メーカー各社による製品値上げの打ち出しがほぼ出揃った。主原料のビスフェノールA(BPA)とエピクロルヒドリン(ECH)の価格改定を受け、最も標準的なBPA型エポキシ樹脂で1キログラム当たり最大40円の上げ幅が提示された。1年前の値上げをめぐっては、ダウ・ケミカル日本がエポキシ樹脂の国内生産から撤退し、輸入販売に切り替える時期を控えていた。価格修正を表明しながら、ダウ・ケミカルの一部シェアを切り崩そうと実際は値上げに動かないメーカーもあり、新値への移行を遅らせる要因になったようだ。


Copyright(c)2010 The Chemical Daily Co., Ltd.