日付検索

2015年10月の記事を読む
2015年9月の記事を読む
2015年8月の記事を読む
2015年7月の記事を読む
2015年6月の記事を読む
2015年5月の記事を読む
2015年4月の記事を読む
2015年3月の記事を読む
2015年2月の記事を読む
2015年1月の記事を読む
2014年12月の記事を読む
2014年11月の記事を読む
2014年10月の記事を読む
2014年9月の記事を読む
2014年8月の記事を読む
2014年7月の記事を読む
2014年6月の記事を読む
2014年5月の記事を読む
2014年4月の記事を読む
2014年3月の記事を読む
2014年2月の記事を読む
2014年1月の記事を読む
2013年12月の記事を読む
2013年11月の記事を読む
2013年10月の記事を読む
2013年9月の記事を読む
2013年8月の記事を読む
2013年7月の記事を読む
2013年6月の記事を読む
2013年5月の記事を読む
2013年4月の記事を読む
2013年3月の記事を読む
2013年2月の記事を読む
2013年1月の記事を読む
2012年12月の記事を読む
2012年11月の記事を読む
2012年10月の記事を読む
2012年9月の記事を読む
2012年8月の記事を読む
2012年7月の記事を読む
2012年6月の記事を読む
2012年5月の記事を読む
2012年4月の記事を読む
2012年3月の記事を読む
2012年2月の記事を読む
2012年1月の記事を読む
2011年12月の記事を読む
2011年11月の記事を読む
2011年10月の記事を読む
2011年9月の記事を読む
2011年8月の記事を読む
2011年7月の記事を読む
2011年6月の記事を読む
2011年5月の記事を読む
2011年4月の記事を読む
2011年3月の記事を読む
2011年2月の記事を読む
2011年1月の記事を読む
2010年12月の記事を読む

ニュースヘッドライン記事詳細

2013年10月31日 前へ 前へ次へ 次へ

国産ナフサ 7〜9月は1年ぶりに値下げ

 7〜9月の国産基準ナフサ価格が、1キロリットル当たり6万3900円に決まった。4〜6月期に比べ同1600円、約2・4%の下落。3四半期連続してきた同価格は、1年ぶりに値下がりすることになった。しかし、多くの石油化学製品で、フォーミュラ取引部分を除いた現行の価格体系は、今春の値上げ以降6万2000〜6万3000円程度に対応したものにとどまっており、7〜9月も引き続き、コストの上昇分が積み残されたままであったことが確認された。続く10〜12月期は、9月上旬にピークを迎えたシリア化学兵器問題によるスポット価格の急騰が反映されることから値上がりが必至とみられており、すでに焦点は同期のナフサ価格に応じた製品値上げに移っている。


Copyright(c)2010 The Chemical Daily Co., Ltd.