日付検索

2015年10月の記事を読む
2015年9月の記事を読む
2015年8月の記事を読む
2015年7月の記事を読む
2015年6月の記事を読む
2015年5月の記事を読む
2015年4月の記事を読む
2015年3月の記事を読む
2015年2月の記事を読む
2015年1月の記事を読む
2014年12月の記事を読む
2014年11月の記事を読む
2014年10月の記事を読む
2014年9月の記事を読む
2014年8月の記事を読む
2014年7月の記事を読む
2014年6月の記事を読む
2014年5月の記事を読む
2014年4月の記事を読む
2014年3月の記事を読む
2014年2月の記事を読む
2014年1月の記事を読む
2013年12月の記事を読む
2013年11月の記事を読む
2013年10月の記事を読む
2013年9月の記事を読む
2013年8月の記事を読む
2013年7月の記事を読む
2013年6月の記事を読む
2013年5月の記事を読む
2013年4月の記事を読む
2013年3月の記事を読む
2013年2月の記事を読む
2013年1月の記事を読む
2012年12月の記事を読む
2012年11月の記事を読む
2012年10月の記事を読む
2012年9月の記事を読む
2012年8月の記事を読む
2012年7月の記事を読む
2012年6月の記事を読む
2012年5月の記事を読む
2012年4月の記事を読む
2012年3月の記事を読む
2012年2月の記事を読む
2012年1月の記事を読む
2011年12月の記事を読む
2011年11月の記事を読む
2011年10月の記事を読む
2011年9月の記事を読む
2011年8月の記事を読む
2011年7月の記事を読む
2011年6月の記事を読む
2011年5月の記事を読む
2011年4月の記事を読む
2011年3月の記事を読む
2011年2月の記事を読む
2011年1月の記事を読む
2010年12月の記事を読む

ニュースヘッドライン記事詳細

2013年07月31日 前へ 前へ次へ 次へ

「スメル・ハラスメント」と消臭剤

 「スメハラ」という言葉をご存じだろうか。パワハラ、セクハラなどと同種の言葉で、「スメル・ハラスメント」の略。臭いによる迷惑行為だ。臭いの種類はいろいろ。ワキガ、タバコ、体臭、口臭、香水...。セクハラやパワハラと比較したスメハラの特徴は、本人には迷惑をかけようという悪意がないことと、本人が臭いを発していることに気づきにくいことだ。だから、「臭いますよ」とはなかなか指摘できない▼最近、新たな臭いが問題になっている。洗濯に使う柔軟剤だ。最初はほのかな香りだったが、ここ数年で残香性が強い海外製の柔軟剤がブームを呼んでいるという。これも本人は良い匂いと感じているのが問題の根を深くしている▼いきおい、消臭剤のビジネスチャンスが広がる。臭いの元との間に無香の据え置き型を置くケースなどがある。風邪や花粉症でもないのにマスクをつける人もいるはず。ある日、隣席の人がそんなことをしたら、自分の臭いはだいじょうぶかと疑ってみるのがよいかもしれない▼においは「匂い」とも書き、こちらは「香り」と同義といってよい。匂い、香りには強い記憶の喚起作用がある。古今和歌集にこんな歌がある。<さつきまつ花橘の香をかげば昔の人の袖の香ぞする> なるべくなら、こんなにおいに多く囲まれて暮らしたい。


Copyright(c)2010 The Chemical Daily Co., Ltd.