日付検索

2015年10月の記事を読む
2015年9月の記事を読む
2015年8月の記事を読む
2015年7月の記事を読む
2015年6月の記事を読む
2015年5月の記事を読む
2015年4月の記事を読む
2015年3月の記事を読む
2015年2月の記事を読む
2015年1月の記事を読む
2014年12月の記事を読む
2014年11月の記事を読む
2014年10月の記事を読む
2014年9月の記事を読む
2014年8月の記事を読む
2014年7月の記事を読む
2014年6月の記事を読む
2014年5月の記事を読む
2014年4月の記事を読む
2014年3月の記事を読む
2014年2月の記事を読む
2014年1月の記事を読む
2013年12月の記事を読む
2013年11月の記事を読む
2013年10月の記事を読む
2013年9月の記事を読む
2013年8月の記事を読む
2013年7月の記事を読む
2013年6月の記事を読む
2013年5月の記事を読む
2013年4月の記事を読む
2013年3月の記事を読む
2013年2月の記事を読む
2013年1月の記事を読む
2012年12月の記事を読む
2012年11月の記事を読む
2012年10月の記事を読む
2012年9月の記事を読む
2012年8月の記事を読む
2012年7月の記事を読む
2012年6月の記事を読む
2012年5月の記事を読む
2012年4月の記事を読む
2012年3月の記事を読む
2012年2月の記事を読む
2012年1月の記事を読む
2011年12月の記事を読む
2011年11月の記事を読む
2011年10月の記事を読む
2011年9月の記事を読む
2011年8月の記事を読む
2011年7月の記事を読む
2011年6月の記事を読む
2011年5月の記事を読む
2011年4月の記事を読む
2011年3月の記事を読む
2011年2月の記事を読む
2011年1月の記事を読む
2010年12月の記事を読む

ニュースヘッドライン記事詳細

2013年04月26日 前へ 前へ次へ 次へ

CPhI 大正製薬上原明会長 セルフメディケーションを国策に

濱田_CPhi上原会長[1].JPG 日本一般用医薬品連合会の上原明会長(大正製薬会長、写真)は25日、都内で開催されている国際医薬品原料・中間体展「CPhIジャパン」で講演し、軽微な疾患に対し患者が自分で処置する「セルフメディケーション」を国策として促進するよう強調した。
 一般用医薬品(OTC)の市場はピークの2001年に比べ出荷額ベースで8割まで低下した。市場が縮小したからというのではなく、自らの健康に責任を持つのがセルフメディケーションであるとのアプローチが必要だと語った。
 さらに長年の持論として、将来の疾患予防のために若いころから健康に気を使うべきだとし、そのためには薬局・薬店で血液検査を受けられる仕組みが望ましいと指摘した。「自分も糖尿病なので毎日血糖をチェックしている。静脈からの採血は難しいとしても、指先から採血する程度なら認めて良いのではないか」と語った。


Copyright(c)2010 The Chemical Daily Co., Ltd.