日付検索

2015年10月の記事を読む
2015年9月の記事を読む
2015年8月の記事を読む
2015年7月の記事を読む
2015年6月の記事を読む
2015年5月の記事を読む
2015年4月の記事を読む
2015年3月の記事を読む
2015年2月の記事を読む
2015年1月の記事を読む
2014年12月の記事を読む
2014年11月の記事を読む
2014年10月の記事を読む
2014年9月の記事を読む
2014年8月の記事を読む
2014年7月の記事を読む
2014年6月の記事を読む
2014年5月の記事を読む
2014年4月の記事を読む
2014年3月の記事を読む
2014年2月の記事を読む
2014年1月の記事を読む
2013年12月の記事を読む
2013年11月の記事を読む
2013年10月の記事を読む
2013年9月の記事を読む
2013年8月の記事を読む
2013年7月の記事を読む
2013年6月の記事を読む
2013年5月の記事を読む
2013年4月の記事を読む
2013年3月の記事を読む
2013年2月の記事を読む
2013年1月の記事を読む
2012年12月の記事を読む
2012年11月の記事を読む
2012年10月の記事を読む
2012年9月の記事を読む
2012年8月の記事を読む
2012年7月の記事を読む
2012年6月の記事を読む
2012年5月の記事を読む
2012年4月の記事を読む
2012年3月の記事を読む
2012年2月の記事を読む
2012年1月の記事を読む
2011年12月の記事を読む
2011年11月の記事を読む
2011年10月の記事を読む
2011年9月の記事を読む
2011年8月の記事を読む
2011年7月の記事を読む
2011年6月の記事を読む
2011年5月の記事を読む
2011年4月の記事を読む
2011年3月の記事を読む
2011年2月の記事を読む
2011年1月の記事を読む
2010年12月の記事を読む

ニュースヘッドライン記事詳細

2013年01月31日 前へ 前へ次へ 次へ

三菱ケミカル 有機薄膜太陽電池、付加価値高いビジネスに

三菱化学OPV1.jpg 三菱ケミカルホールディングスは、塗布型有機薄膜太陽電池(OPV、写真)を独自の高付加価値型ビジネスとして育成する。有機合成、樹脂加工技術といったグループの総合力を生かしながらスマートビル、エコカー向けなど次世代用途に適用し他の太陽電池と差別化を図る。今春から水島事業所のロール・トゥ・ロール(RtR)方式のパイロット設備でサンプル供給を開始。同社は2015年の量産化を予定しており、サンプル供給を弾みにして市場開拓を加速する。耐久性や変換効率など性能のさらなる向上も推進する。


Copyright(c)2010 The Chemical Daily Co., Ltd.