日付検索

2015年10月の記事を読む
2015年9月の記事を読む
2015年8月の記事を読む
2015年7月の記事を読む
2015年6月の記事を読む
2015年5月の記事を読む
2015年4月の記事を読む
2015年3月の記事を読む
2015年2月の記事を読む
2015年1月の記事を読む
2014年12月の記事を読む
2014年11月の記事を読む
2014年10月の記事を読む
2014年9月の記事を読む
2014年8月の記事を読む
2014年7月の記事を読む
2014年6月の記事を読む
2014年5月の記事を読む
2014年4月の記事を読む
2014年3月の記事を読む
2014年2月の記事を読む
2014年1月の記事を読む
2013年12月の記事を読む
2013年11月の記事を読む
2013年10月の記事を読む
2013年9月の記事を読む
2013年8月の記事を読む
2013年7月の記事を読む
2013年6月の記事を読む
2013年5月の記事を読む
2013年4月の記事を読む
2013年3月の記事を読む
2013年2月の記事を読む
2013年1月の記事を読む
2012年12月の記事を読む
2012年11月の記事を読む
2012年10月の記事を読む
2012年9月の記事を読む
2012年8月の記事を読む
2012年7月の記事を読む
2012年6月の記事を読む
2012年5月の記事を読む
2012年4月の記事を読む
2012年3月の記事を読む
2012年2月の記事を読む
2012年1月の記事を読む
2011年12月の記事を読む
2011年11月の記事を読む
2011年10月の記事を読む
2011年9月の記事を読む
2011年8月の記事を読む
2011年7月の記事を読む
2011年6月の記事を読む
2011年5月の記事を読む
2011年4月の記事を読む
2011年3月の記事を読む
2011年2月の記事を読む
2011年1月の記事を読む
2010年12月の記事を読む

ニュースヘッドライン記事詳細

2012年06月29日 前へ 前へ次へ 次へ

国内石化 「脱エチレン」 プロピレン比率9割に迫る

 国内石油化学拠点の脱エチレン化が一段と進んでいる。エチレンに対するプロピレンの生産比率は今年1〜4月に0・87と9割に迫り、かつてない高水準。エチレン需要の減少が続くなか、センター各社がプロピレンの生産比率を最大化しているほか、エチレンをプロピレンに転換するオレフィン・コンバージョン・ユニット(OCU)装置の稼働や、石油精製装置の流動接触分解装置(FCC)の新設などが続いたことが要因。プロピレン生産比率は石油化学と石油精製の連携などを通じ、さらに高まると予想されている。

1プレゼンテーション1.jpg

豊C3C2プレゼンテーション1.jpg
{グラフ説明 棒線グラフの単位:千トン。折れ線グラフはエチレンに対するプロピレン比率}


Copyright(c)2010 The Chemical Daily Co., Ltd.