日付検索

2015年10月の記事を読む
2015年9月の記事を読む
2015年8月の記事を読む
2015年7月の記事を読む
2015年6月の記事を読む
2015年5月の記事を読む
2015年4月の記事を読む
2015年3月の記事を読む
2015年2月の記事を読む
2015年1月の記事を読む
2014年12月の記事を読む
2014年11月の記事を読む
2014年10月の記事を読む
2014年9月の記事を読む
2014年8月の記事を読む
2014年7月の記事を読む
2014年6月の記事を読む
2014年5月の記事を読む
2014年4月の記事を読む
2014年3月の記事を読む
2014年2月の記事を読む
2014年1月の記事を読む
2013年12月の記事を読む
2013年11月の記事を読む
2013年10月の記事を読む
2013年9月の記事を読む
2013年8月の記事を読む
2013年7月の記事を読む
2013年6月の記事を読む
2013年5月の記事を読む
2013年4月の記事を読む
2013年3月の記事を読む
2013年2月の記事を読む
2013年1月の記事を読む
2012年12月の記事を読む
2012年11月の記事を読む
2012年10月の記事を読む
2012年9月の記事を読む
2012年8月の記事を読む
2012年7月の記事を読む
2012年6月の記事を読む
2012年5月の記事を読む
2012年4月の記事を読む
2012年3月の記事を読む
2012年2月の記事を読む
2012年1月の記事を読む
2011年12月の記事を読む
2011年11月の記事を読む
2011年10月の記事を読む
2011年9月の記事を読む
2011年8月の記事を読む
2011年7月の記事を読む
2011年6月の記事を読む
2011年5月の記事を読む
2011年4月の記事を読む
2011年3月の記事を読む
2011年2月の記事を読む
2011年1月の記事を読む
2010年12月の記事を読む

ニュースヘッドライン記事詳細

2012年03月29日 前へ 前へ次へ 次へ

工業用プラ製品 需要回復も明暗分ける

プラ製品販売量推移.jpg プラスチック製品の需要が、自動車向けと情報電子向けで明暗を分けている。自動車向けは日系完成車メーカーの稼働正常化にともない昨年秋から急回復しており、足元は「リーマン・ショック前の水準を回復した」(大手樹脂加工メーカー)との声が目立つ。一方、デジタル家電やIT関連製品などの情報電子部品向けは内需が落ち込み、韓国、台湾メーカー向けも回復が遅れている。「数量減に加え単価の下落も進んでいる」(同)ことから、家電・IT向けが主体の加工メーカーは3月決算見通しの下方修正も迫れらそうだ。


Copyright(c)2010 The Chemical Daily Co., Ltd.