日付検索

2015年10月の記事を読む
2015年9月の記事を読む
2015年8月の記事を読む
2015年7月の記事を読む
2015年6月の記事を読む
2015年5月の記事を読む
2015年4月の記事を読む
2015年3月の記事を読む
2015年2月の記事を読む
2015年1月の記事を読む
2014年12月の記事を読む
2014年11月の記事を読む
2014年10月の記事を読む
2014年9月の記事を読む
2014年8月の記事を読む
2014年7月の記事を読む
2014年6月の記事を読む
2014年5月の記事を読む
2014年4月の記事を読む
2014年3月の記事を読む
2014年2月の記事を読む
2014年1月の記事を読む
2013年12月の記事を読む
2013年11月の記事を読む
2013年10月の記事を読む
2013年9月の記事を読む
2013年8月の記事を読む
2013年7月の記事を読む
2013年6月の記事を読む
2013年5月の記事を読む
2013年4月の記事を読む
2013年3月の記事を読む
2013年2月の記事を読む
2013年1月の記事を読む
2012年12月の記事を読む
2012年11月の記事を読む
2012年10月の記事を読む
2012年9月の記事を読む
2012年8月の記事を読む
2012年7月の記事を読む
2012年6月の記事を読む
2012年5月の記事を読む
2012年4月の記事を読む
2012年3月の記事を読む
2012年2月の記事を読む
2012年1月の記事を読む
2011年12月の記事を読む
2011年11月の記事を読む
2011年10月の記事を読む
2011年9月の記事を読む
2011年8月の記事を読む
2011年7月の記事を読む
2011年6月の記事を読む
2011年5月の記事を読む
2011年4月の記事を読む
2011年3月の記事を読む
2011年2月の記事を読む
2011年1月の記事を読む
2010年12月の記事を読む

ニュースヘッドライン記事詳細

2011年08月31日 前へ 前へ次へ 次へ

甘草価格 ピークで昨年比2倍に

 【上海=白石孝祐】甘草価格のトレンドが激変しつつある。今年の価格は昨年比で50%以上上がっており「ピーク時は2倍に高騰した」(業界関係者)。中国の主産地である新疆ウイグル自治区や内モンゴル自治区での天候不順に加え、綿花が極度に高騰するなか収穫に当たる労働力が綿花に引っ張られたことにより「収穫量がほぼ半減した」(同)。労働力確保のため賃金も上昇しており、品不足とあいまって価格を押し上げている状況。中央アジアでも産出するものの、供給ひっ迫から中国の需要家がソースを求め、こちらもタイトとなっている。中国の希少植物保護機運もあり、来年以降も価格下落は望み薄で、需要家にとっては安定確保が最優先課題となりそうだ。


Copyright(c)2010 The Chemical Daily Co., Ltd.