日付検索

2015年10月の記事を読む
2015年9月の記事を読む
2015年8月の記事を読む
2015年7月の記事を読む
2015年6月の記事を読む
2015年5月の記事を読む
2015年4月の記事を読む
2015年3月の記事を読む
2015年2月の記事を読む
2015年1月の記事を読む
2014年12月の記事を読む
2014年11月の記事を読む
2014年10月の記事を読む
2014年9月の記事を読む
2014年8月の記事を読む
2014年7月の記事を読む
2014年6月の記事を読む
2014年5月の記事を読む
2014年4月の記事を読む
2014年3月の記事を読む
2014年2月の記事を読む
2014年1月の記事を読む
2013年12月の記事を読む
2013年11月の記事を読む
2013年10月の記事を読む
2013年9月の記事を読む
2013年8月の記事を読む
2013年7月の記事を読む
2013年6月の記事を読む
2013年5月の記事を読む
2013年4月の記事を読む
2013年3月の記事を読む
2013年2月の記事を読む
2013年1月の記事を読む
2012年12月の記事を読む
2012年11月の記事を読む
2012年10月の記事を読む
2012年9月の記事を読む
2012年8月の記事を読む
2012年7月の記事を読む
2012年6月の記事を読む
2012年5月の記事を読む
2012年4月の記事を読む
2012年3月の記事を読む
2012年2月の記事を読む
2012年1月の記事を読む
2011年12月の記事を読む
2011年11月の記事を読む
2011年10月の記事を読む
2011年9月の記事を読む
2011年8月の記事を読む
2011年7月の記事を読む
2011年6月の記事を読む
2011年5月の記事を読む
2011年4月の記事を読む
2011年3月の記事を読む
2011年2月の記事を読む
2011年1月の記事を読む
2010年12月の記事を読む

ニュースヘッドライン記事詳細

2011年08月31日 前へ 前へ次へ 次へ

北大 高性能な酸素貯蔵材料を汎用元素のみで製造

 北海道大学大学院工学研究院の本橋輝樹准教授らの研究グループは、汎用元素のみで構成される酸素貯蔵材料を開発した。資源的に豊富なカルシウム、アルミニウム、マンガン、酸素で構成しながら、優れた酸素の吸収放出性能を示しており、元素戦略的に有利な材料となる。温度・雰囲気のわずかな変化で3・0wt%もの多量の酸素を高速・可逆に吸収放出することから、酸素濃縮や固体酸化物燃料電池(SOFC)などへの応用が期待されている。現在、三菱化学との共同研究を進めており、同物質の合成プロセスの最適化による酸素貯蔵能の向上を図り、応用展開を検討する。


Copyright(c)2010 The Chemical Daily Co., Ltd.