日付検索

2015年10月の記事を読む
2015年9月の記事を読む
2015年8月の記事を読む
2015年7月の記事を読む
2015年6月の記事を読む
2015年5月の記事を読む
2015年4月の記事を読む
2015年3月の記事を読む
2015年2月の記事を読む
2015年1月の記事を読む
2014年12月の記事を読む
2014年11月の記事を読む
2014年10月の記事を読む
2014年9月の記事を読む
2014年8月の記事を読む
2014年7月の記事を読む
2014年6月の記事を読む
2014年5月の記事を読む
2014年4月の記事を読む
2014年3月の記事を読む
2014年2月の記事を読む
2014年1月の記事を読む
2013年12月の記事を読む
2013年11月の記事を読む
2013年10月の記事を読む
2013年9月の記事を読む
2013年8月の記事を読む
2013年7月の記事を読む
2013年6月の記事を読む
2013年5月の記事を読む
2013年4月の記事を読む
2013年3月の記事を読む
2013年2月の記事を読む
2013年1月の記事を読む
2012年12月の記事を読む
2012年11月の記事を読む
2012年10月の記事を読む
2012年9月の記事を読む
2012年8月の記事を読む
2012年7月の記事を読む
2012年6月の記事を読む
2012年5月の記事を読む
2012年4月の記事を読む
2012年3月の記事を読む
2012年2月の記事を読む
2012年1月の記事を読む
2011年12月の記事を読む
2011年11月の記事を読む
2011年10月の記事を読む
2011年9月の記事を読む
2011年8月の記事を読む
2011年7月の記事を読む
2011年6月の記事を読む
2011年5月の記事を読む
2011年4月の記事を読む
2011年3月の記事を読む
2011年2月の記事を読む
2011年1月の記事を読む
2010年12月の記事を読む

ニュースヘッドライン記事詳細

2011年06月29日 前へ 前へ次へ 次へ

明日への対話 連載8 持続的ものづくりと化学産業

 橘川 選択と集中についてお伺いします。ICIやヘキストなど欧州の一部企業は株主のために選択と集中を実施した。しかし、だんだんそれ自体が自己目的化し、ついにある意味で企業自体が消滅してしまった。
 小林 ええ、切り売りしても自分自身のバリューを上げられず、株主を喜ばすためについには分散した。それも1つの見方でしょう。
 橘川 別の見方もありますか。
 小林 これは聞いた話ですが、ヘキストの場合は、むしろ事業をどんどん取り入れていった。けれど、結局それをマネージするチェアマンなり経営者がいなくなったんだと。一方で、BASFがなぜ成功しているのか、会長を退任されるユルゲン・ハンブレヒトさんに聞いたんです。彼がいったのは、やっぱり正に選択と集中をしたんだと。僕からみると、彼に能力があったから成功したんです。
 橘川 なるほど。
 小林 結局、最後はネジメントだと思うんです。ものづくりに対する強い意志を持ったマネジメントがある会社は強い。
BASFルードビッヒスハーフェンの本社工場.jpg 
 橘川 BASFの場合、ザ・ケミカルカンパニーと「THE」を付けてますよね。
 小林 あのこだわりが凄いですね。一方でデュポンはサイエンスという言葉しか使わない。ケミカルとはポリューションの別名だからと、絶対ケミカルっていわない。でも、BASFのハンブレヒトさんはケミストリーにこだわってますよね。
 橘川 そういう意味では、日本の会社にちょっと企業文化が似ているんじゃないかなと。
 小林 ええ。日本だって信越化学の金川さんみたいな強い人もいる。70代、80代で頑張っている社長が多いですね。
 橘川 化学は製品が単純じゃないし、ポートフォーリオを常に考えなきゃいけない。サプライチェーンのなかの位置取りというのも大変でしょうから、まさにマネジメントの一番難しい業界といえるかもしれませんね。
 小林 誤解されるのを覚悟のうえでいうとしたら、組立産業はクオリティの高い部品を安く買ってきて、そこに付加価値をつけて高く売ればいい。一方、化学は全部合わせると3万、4万と商品がある。それをどうマネジメントするかというのは、他の産業とはちょっと違います。難しいかどうかは別として。そのうえ医薬品もあるわけですからね。
 橘川 経団連の地球温暖化防止の自主目標作りでも、化学は他産業と比べ本当に難しいですね。実は化学のところの責任者を仰せつかっていますが、他の産業は製品が簡単だから目標を立てていけばいいんですけど、化学は品目がたくさんありすぎます。
      (つづく)
【写真説明】
事業の選択と集中にはものづくりに対する強い意志が求められる(BASFのルートヴィッヒスハーフェン工場) 


Copyright(c)2010 The Chemical Daily Co., Ltd.