日付検索

2015年10月の記事を読む
2015年9月の記事を読む
2015年8月の記事を読む
2015年7月の記事を読む
2015年6月の記事を読む
2015年5月の記事を読む
2015年4月の記事を読む
2015年3月の記事を読む
2015年2月の記事を読む
2015年1月の記事を読む
2014年12月の記事を読む
2014年11月の記事を読む
2014年10月の記事を読む
2014年9月の記事を読む
2014年8月の記事を読む
2014年7月の記事を読む
2014年6月の記事を読む
2014年5月の記事を読む
2014年4月の記事を読む
2014年3月の記事を読む
2014年2月の記事を読む
2014年1月の記事を読む
2013年12月の記事を読む
2013年11月の記事を読む
2013年10月の記事を読む
2013年9月の記事を読む
2013年8月の記事を読む
2013年7月の記事を読む
2013年6月の記事を読む
2013年5月の記事を読む
2013年4月の記事を読む
2013年3月の記事を読む
2013年2月の記事を読む
2013年1月の記事を読む
2012年12月の記事を読む
2012年11月の記事を読む
2012年10月の記事を読む
2012年9月の記事を読む
2012年8月の記事を読む
2012年7月の記事を読む
2012年6月の記事を読む
2012年5月の記事を読む
2012年4月の記事を読む
2012年3月の記事を読む
2012年2月の記事を読む
2012年1月の記事を読む
2011年12月の記事を読む
2011年11月の記事を読む
2011年10月の記事を読む
2011年9月の記事を読む
2011年8月の記事を読む
2011年7月の記事を読む
2011年6月の記事を読む
2011年5月の記事を読む
2011年4月の記事を読む
2011年3月の記事を読む
2011年2月の記事を読む
2011年1月の記事を読む
2010年12月の記事を読む

ニュースヘッドライン記事詳細

2011年03月31日 前へ 前へ次へ 次へ

大日本住友と武田 抗精神病薬ルラシドン、欧州で開発・販売提携

 大日本住友製薬と武田薬品工業は30日、大日本住友が創製した非定型抗精神病薬「ルラシドン塩酸塩」(一般名)に関して欧州で開発・販売提携すると発表した。英国を除く欧州連合(EU)26カ国とスイス、ノルウェー、トルコ、ロシアでは武田が独占的に販売。英国では大日本住友が自社単独販売を目指す。両社は今後、提携対象国での共同開発を進め、2012ー13年の承認申請を目指す。
 武田薬品は契約一時金100億円をはじめ、ルラシドンの統合失調症、双極性障害を効能とした申請・承認時のマイルストンとして最大約1億8000万ドルを支払う。販売後は、大日本住友が武田に製剤を供給し、武田は販売額に応じた分配金を払う。


Copyright(c)2010 The Chemical Daily Co., Ltd.