日付検索

2015年10月の記事を読む
2015年9月の記事を読む
2015年8月の記事を読む
2015年7月の記事を読む
2015年6月の記事を読む
2015年5月の記事を読む
2015年4月の記事を読む
2015年3月の記事を読む
2015年2月の記事を読む
2015年1月の記事を読む
2014年12月の記事を読む
2014年11月の記事を読む
2014年10月の記事を読む
2014年9月の記事を読む
2014年8月の記事を読む
2014年7月の記事を読む
2014年6月の記事を読む
2014年5月の記事を読む
2014年4月の記事を読む
2014年3月の記事を読む
2014年2月の記事を読む
2014年1月の記事を読む
2013年12月の記事を読む
2013年11月の記事を読む
2013年10月の記事を読む
2013年9月の記事を読む
2013年8月の記事を読む
2013年7月の記事を読む
2013年6月の記事を読む
2013年5月の記事を読む
2013年4月の記事を読む
2013年3月の記事を読む
2013年2月の記事を読む
2013年1月の記事を読む
2012年12月の記事を読む
2012年11月の記事を読む
2012年10月の記事を読む
2012年9月の記事を読む
2012年8月の記事を読む
2012年7月の記事を読む
2012年6月の記事を読む
2012年5月の記事を読む
2012年4月の記事を読む
2012年3月の記事を読む
2012年2月の記事を読む
2012年1月の記事を読む
2011年12月の記事を読む
2011年11月の記事を読む
2011年10月の記事を読む
2011年9月の記事を読む
2011年8月の記事を読む
2011年7月の記事を読む
2011年6月の記事を読む
2011年5月の記事を読む
2011年4月の記事を読む
2011年3月の記事を読む
2011年2月の記事を読む
2011年1月の記事を読む
2010年12月の記事を読む

ニュースヘッドライン記事詳細

2011年01月28日 前へ 前へ次へ 次へ

デュポン、DIBM軸に固定費削減が進展

デュポンの財務体質強化の柱の1つである固定費削減プログラムが進んでいる。同社では2010年からの3年間で合計10億ドルの固定費削減目標を設定、デュポン・統合ビジネス管理(DIBM)を軸にサプライチェーン全体での固定費圧縮に取り組んでいるが、第2弾となるプログラムの初年度にあたる10年は目標の4億ドルを超えた実績を上げている。この結果、2010年末時点で売り上げ対比の固定費は41%台にまで削減、中期目標である同比率39%の達成が視野に入ってきた。デュポンは05年から財務体質の総合的な改善に取り組み、固定費の削減や、運転資本の効率化に乗り出している。運転資本の効率化では、在庫期間の圧縮、回収猶予期間の短縮を軸に、10年からの3年間で合計10億ドルの効率化を生み出そうとしている。


Copyright(c)2010 The Chemical Daily Co., Ltd.