記事詳細

2017年9月29日前へ 前へ次へ 次へ

《マテリアルズ・インフォマティクスとAIで講演会》

 日本化学会が「マテリアルズ・インフォマティクスとAIを用いたものづくり」をテーマに9月29日に開催。会場は東京都千代田区神田駿河台の化学会館7階ホール。協賛は日本コンピューター化学会、有機合成化学協会など。プログラムは次の通り。
 ▽基調講演=マテリアルズ・インフォマティクスとは何か(物質・材料研究機構・寺倉清之氏▽インフォマティクスとの融合による理論化学研究の推進(早稲田大学・中井浩巳氏)▽分子設計・材料設計・プロセス設計のためのデータ駆動型化学~材料設計・プロセス設計・品質管理と制御の連動~(東京大学・船津公人氏)▽無機セラミックス材料系産業分野におけるマテリアルズ・インフォマティクスへの取り組み(村田製作所・檜貝信一氏)▽材料計算とマテリアルズ・インフォマティクスによる蓄電池セラミックス材料の探索(名古屋工業大学・中山将伸氏)▽AI・機械学習の発展とデータ駆動型マテリアルズ・インフォマティクスへの展開(日立製作所・淺原彰規氏)
 問い合わせは、日本化学会関東支部(電話03-3292-6163、FAX同6318、Eメールkanto@chemistry.0r.jp)。(2017/8/15/6)





Copyright(c)2010 The Chemical Daily Co., Ltd.