住友ゴム、新技術コンセプト発表、安全と環境を高次元で両立

| コメント(0) | トラックバック(0)

 住友ゴム工業は、「第45回東京モーターショー2017」で新たな技術開発コンセプト「SMART TYRE CONCEPT(スマート タイヤ コンセプト)」を発表した。安全性能と環境性能をより高い次元で両立することを目指し、安全を支えるセーフティーテクノロジーと環境に寄与するエナセーブテクノロジー、シミュレーションおよび解析技術からなるコアテクノロジーの3技術をベースとする。新コンセプトをベースに、2020年を目標に新品時の性能を長期間維持する「性能持続技術」を採用したタイヤの量産化と、LCA(ライフサイクルアセスメント)の観点から商品ライフサイクル全体の環境性能向上を可能とする新材料を使ったコンセプトタイヤの実現を目指す。

 SMART TYRE CONCEPTは、これまでとは一線を画す新しいタイヤを開発するための技術開発コンセプト。センシングコアやエアレスタイヤ、性能持続技術といったセーフティーテクノロジーと、低燃費技術やリサイクル技術、軽量化技術などのエナセーブテクノロジーに、アドバンスト4Dナノデザインおよびタイヤライフタイムシミュレーションを組み合わせることで、安全性と環境の両面からタイヤ性能のさらなる向上を推進する。
材料開発では、水や温度を利用してゴム特性が変化するアクティブトレッドの開発により、路面や気温に応じて能動的に最適なタイヤ性能の実現を目指すほか、性能持続技術ではゴムの内部構造変化を抑制・修復し、経年劣化により損なわれた機能を補う新材料開発を推進する。性能持続に関しては、昨年発売したスタッドレスタイヤ「WINTER MAXX 02(ウインター マックス 02)」でゴムのしなやかさ維持に効果を発揮する高機能バイオマス材料「液状ファルネセンゴム」を実用化しており、さまざまな面から性能低下を抑制する材料開発に取り組む方針。
 商品ライフサイクル全体の環境性能向上では、100%石油外天然資源タイヤの商品化以降、より付加価値の高いバイオマス材料開発に取り組んでいる。すでにアドバンスト4Dナノデザインを採用した「エナセーブNEXTⅡ」では、低燃費性能とグリップ性能を維持しつつ、耐摩耗性を従来品から51%向上することに成功している。今後は製造、運搬、リサイクルも含めた観点から材料および製品の高機能化を図っていく。
 同社では、23年にアクティブトレッドを採用したコンセプトタイヤの開発を、20年代後半にはSMART TYRE CONCEPTの技術すべてを採用したタイヤの完成を目標に技術開発を推進していく。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://27.34.136.204/cmt/mt-tb.cgi/31492

コメントする

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.02

このブログ記事について

このページは、web staffが2017年10月27日 15:12に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「日本精工・バリオリンク サスペンション(発見!イチ押し)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。