JFEスチール、高強度Niフリー合金粉の靱性高める

| コメント(0) | トラックバック(0)

 JFEスチールは、1000メガパスカル級の高強度とニッケル(Ni)含有合金鋼粉と同等の高靱性を実現した粉末冶金向けのNiフリー合金鋼粉「FM1000S」を開発した。新たに粒子形状を不定形化し、粒子表層にモリブデン(Mo)を濃化することで焼結部品の組織中にある空孔を微細化することに成功。これによりNiを添加することなく、4%Ni合金鋼粉と同等以上の高強度と高靱性を実現した。採用により大幅なコストダウンが可能になることから、同社ではスプロケットなど自動車のエンジン・トランスミッション部品への適用を目指す。

 これまで高強度かつ高靱性の焼結部品には、Niが4%、銅(Cu)が1・5%、Moが0・5%含まれる4%Ni合金鋼粉が使用されていた。これら金属元素の添加により強度をNi添加により靱性を向上させたものだが、とくにNiの原料価格上昇にともなうコスト上昇が課題となっている。
 同社では、すでに1000メガパスカル級の高強度でNiフリーの合金鋼粉「FM1000」を商品化しているが、靱性が4%Ni合金鋼粉より低いという課題があった。新製品では、粒子形状の不定形化などにより、ユーザーの部品製造時に焼結を促進させることで強度および靱性を向上することに成功。また、FMシリーズの特徴である高い被削性を維持することで、4%Ni合金鋼粉に比べて大幅なコストダウンを可能とした。
 今後も同社では、国内唯一の総合鉄粉メーカーとして需要分野の開拓など鉄粉の普及拡大を図るとともに、さらなる高品質、高機能な商品開発に取り組んでいく。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://27.34.136.204/cmt/mt-tb.cgi/31477

コメントする

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.02

このブログ記事について

このページは、web staffが2017年9月25日 14:44に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「NOK、HNBRで高強度Oリング提案、組み込み作業効率化」です。

次のブログ記事は「タイヤセンシング技術、IoTと組み合わせ、交通インフラへの展開も」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。