豊田合成、高性能LED光源開発、ヘッドランプに展開

| コメント(0) | トラックバック(0)

 豊田合成は、LED(発光ダイオード)事業で自動車用ヘッドランプ用途への本格展開に乗り出した。新たに業界トップクラスの「明るさ」と「低消費電力」を実現したLED光源を開発し、国内ユーザーへの供給を開始した。新製品は窒化ガリウム(GaN)など結晶構造の改良とともに、光源内部の熱を放出しやすくするフリップチップを採用。約2300ルーメンの明るさを実現しているほか、一つの光源がロービームとハイビームを兼ねるバイファンクション式に対応する。

 同社は、自動車部品に続くコア事業としてLED事業を推進する。タブレットPCなどのバックライト光源用で高いシェアを有するほか、低消費電力の技術をベースにLED電球といった照明用光源を製品化ずみ。自動車向けではすでに車内用光源を展開しており、用途分野の積極的な拡大による事業基盤の強化に取り組んでいる。
 開発したLED光源は、これまで培ってきた青色LEDの結晶成長技術をベースに業界トップクラスの性能を実現した。成長用途と位置付ける自動車ヘッドランプ用LED光源は、電気自動車(EV)や燃料電池自動車(FCV)などの次世代自動車の低消費電力化に寄与することから今後の普及が期待されている。
 同社では、市場ニーズに対応した製品開発を進めることで自動車ヘッドランプ用LED光源を同事業における主力商品に育成していく計画。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://27.34.136.204/cmt/mt-tb.cgi/30902

コメントする

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.02

このブログ記事について

このページは、web staffが2017年7月18日 14:05に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「愛知製鋼、自動車向け鍛造部品を複雑形状に、新設備を導入」です。

次のブログ記事は「豊田合成ートヨタ自動車、サイドエアバッグ開発、新構造で胸部も保護」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。