NOK、変速機用シール部品を70-80%低トルク化、摺動面を工夫

| コメント(0) | トラックバック(0)

 NOKは、独自技術をベースに自動車用変速機に使用される回転用シール部品の高性能化を推進する。新たに摺動面に独自形状を付与したTS-Ringと摺動面を側面から外周面に変更したCT-Ringの2製品を開発し、提案を開始した。TS-Ringは独自形状による動圧作用で最大80%の低トルク化を、CT-Ringは摺動面の変更による受圧面積低減で最大70%の低トルク化を可能とする。同社はシール部品の性能向上を通じて自動車の低燃費化に貢献していく。

 変速機に使用される回転用シール部品は、装置の可動性を確保しつつ潤滑油を封止する機能部品。密封性と摺動性の相反する機能を高次元で両立する必要があり、その性能は自動車の安全性や耐久性、燃費性能を左右する。世界的に燃費規制が強まるなか、回転用シール部品に対する低トルク化ニーズが高まっている。
 TS-Ringはシールリング側面の摺動面に独自の微細形状を付与し、油の流れによって軸溝側面との間に油膜を生成させることで摺動抵抗を下げつつ油圧保持を実現したのが特徴。従来品に対して約80%のトルク低減を実現するとともに、油膜により相手面との直接接触が減るため耐久性が向上することも確認ずみ。
 一方のCT-Ringは、断面形状を凸字とすることで摺動面をこれまでの側面から外周面に変更した。これにより油圧を受ける面積を縮小し、相手面への押し付け荷重を低減することで低トルク化を実現した。摺動面の変更により横方向のスペースが縮小できることから、変速機のレイアウト設計の自由度が向上するほか、溝側面と摺動しないため軟質軸への適用も可能。
 実用化した動圧作用の応用および外周面摺動の両技術はいずれも世界初。同社は今後も業界最大手として次世代環境車向け製品を含むシール部品の高性能化に取り組んでいく。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://27.34.136.204/cmt/mt-tb.cgi/28757

コメントする

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.02

このブログ記事について

このページは、web staffが2017年3月23日 15:18に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「JFEスチール・電磁鋼板(発見!イチ押し)」です。

次のブログ記事は「日本精工、EPSシャフトを一体成形、新冷間鍛造法を確立」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。