JFEスチール、中国で自動車部品用鉄粉、18年3月に量産開始予定

| コメント(0) | トラックバック(0)

 JFEスチールは、中国で焼結部品用鉄粉の生産に乗り出す。中国最大の鉄鋼会社「宝武集団」傘下の宝鋼金属有限公司と、自動車部品用偏析防止プレミックス鉄粉「クリーンミックス」の製造・販売会社を上海市に設立した。現地の良質な鉄粉を原材料として使用した偏析防止プレミックス鉄粉を製造・販売する企業は中国初。新会社ではすでに工場用地を確保しており、2018年3月の量産開始予定で工場を建設する。

 中国では、自動車市場の成長を背景に自動車部品向け高級粉末冶金用鉄粉の需要が拡大傾向にある。同用途向けには品質確保を目的に偏析防止プレミックス鉄粉が多く使用されており、現状はそのすべてが輸入されている。
 上海宝武杰富意清潔鉄粉有限公司は、JFEスチール50%、宝鋼金属50%の出資比率で先月27日に設立された。生産能力は年間3万トンを計画しており、総投資額は1億900万人民元。JFEスチールの技術力と品質ノウハウをベースにした偏析防止プレミックス鉄粉の現地生産により、日本国内と同品質を確保しながら、短納期化を実現することで同事業の規模拡大を目指す。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://27.34.136.204/cmt/mt-tb.cgi/28753

コメントする

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.02

このブログ記事について

このページは、web staffが2017年3月15日 15:08に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「DJK、名古屋に超臨界発泡成形機導入、自動車の軽量化に対応」です。

次のブログ記事は「早稲田大、3D造形なめらかに、化学溶解で積層痕を選択除去」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。