キョーラク、発泡ダクトで燃費向上を実証、実測データ公開

| コメント(0) | トラックバック(0)

 キョーラクは、走行車両における独自商品「発泡ダクト」使用による燃費向上効果の実測データを公開した。エアコン使用の軽自動車で燃費測定(JC08モード)を実施した結果、既存の0・8ミリメートル厚のポリエチレン(PE)板製インパネダクトに対して、2・5ミリメートル厚のポリプロピレン(PP)発泡ダクト製は1リットル当たりの走行距離が発泡倍率2・8倍品で180メートル、同4・0倍品で255メートル向上することが実証された。実際の走行車両で発泡ダクトの低燃費効果が実証されたのは今回が初。

 物理発泡方式による発泡ダクトは、PP発泡樹脂をベースに気泡が60?500マイクロメートルと細かく表面が滑らかなのが特徴。天井内ダクトでは既存のHDPEダクトに対し約50%の重量低減を実現するなど軽量性に優れるほか、断熱性向上(結露防止)や消音性、さらには部品自体の断熱性向上により断熱用ウレタン貼りが不要となるため、リサイクル性や省資源、生産性向上が図れるといった利点を持つ。
 同社では、すでに最適形状の提案を可能とするCAE解析によるシミュレーション技術を確立するとともに、専用設備によるダクト圧損・風量測定などのベンチマーク試験が実施できる評価体制を整備している。トヨタ自動車のアルファードのリアクーラーダクトなどの採用実績を有しており、現在は同製造技術をグローバルに展開する目的でパートナーを募集している。
 今回の燃費測定試験は日本自動車輸送技術協会で実施した。得られた燃費向上効果数値を車両の軽量化に換算すると15キログラム以上の低減効果に相当する。車載エアコン用ダクトに対しては従来から軽量化を目的とした発泡化ニーズがあるが、燃費性能でも発泡化の効果が実証されたことでより一層の訴求力向上が見込まれる。
 同社では、今月ドイツで開催される国際プラスチック・ゴム産業展「K 2016」で測定結果の詳細を公開する予定。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://27.34.136.204/cmt/mt-tb.cgi/28098

コメントする

このブログ記事について

このページは、web staffが2016年10月 7日 13:04に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ブリヂストン、耐摩耗性高めるゴム配合技術開発」です。

次のブログ記事は「マグネシウム協会、自動車部品への適用拡大推進、フェーズ2へ移行」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。