2016年5月アーカイブ

 独ティッセンクルップは、自動車向けに繊維強化プラスチック(FRP)製コイルばねを開発した。ばね材料に炭素繊維やガラス繊維もしくは両方を組み合わせた繊維複合体を採用。金属製に比べて50%以上の軽量化を可能とする。独自設計により優れた耐へたり性を実現しているほか、疲労耐久試験で200万回以上の寿命回数を達成。自動車メーカーと実車搭載に向けた取り組みを進めており、2018年に量産化する計画。

このアーカイブについて

このページには、2016年5月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2016年3月です。

次のアーカイブは2016年6月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。