2016年3月アーカイブ

 住友理工グループの東海化成は、自動車分野における独自成形法「TcPM」の採用拡大を推進する。低圧成形(LPM)の一種である同成形法は、従来法に比べ形状自由度が高く優れた生産性を実現しているのが特徴。接着剤を用いずに表皮材との一体成形が可能であり、このほどトヨタ自動車から発売された新型「プリウス」のドアオーナメントにも採用された。内装デザインの多様化を背景に、採用車種および適用部位の拡大に向けた提案活動を積極化していく。

このアーカイブについて

このページには、2016年3月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2016年2月です。

次のアーカイブは2016年5月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。