アキレス、車内装表皮材向け新防汚技術、トップコートに親水性付与

| コメント(0) | トラックバック(0)

 アキレスは、自動車内装用表皮材の高機能化を推進する。高級車を中心に増えている淡色系内装デザインに対応するため、新たにSR(SoilRelease)加工による独自防汚技術を開発した。新技術はトップコートに親水性を付与し、ジーンズ汚れ(水性)や黒ずみ汚れ(油性)を浮かして拭き取りやすくする効果がある。シートやドアトリムなど内装材全般に適用可能で、来春に発売される日系メーカーの高級車への採用が決まっている。表皮材の差別化技術として採用拡大に取り組んでいく。

 アキレスは、ポリウレタンを主体とした合成皮革と国内で唯一カレンダー法とキャスティング法の2つの製法による塩ビレザーを展開する表皮材メーカー。自動車用途ではシートをはじめインパネやドアトリムといった成形部材向けに製品を供給している。航空機や鉄道車両向けに高難燃化を実現した製品を展開するなど、保有する技術開発力をベースに製品の高機能化や用途分野の拡大を積極化している。
 国内販売台数の減少を背景に、自動車各社はより広範な消費者ニーズに対応するため内装意匠の拡充を進めている。ベージュなどの淡色系内装デザインは高級車を中心に採用が増えており、今後は女性ユーザーの多い軽自動車にも広がっていくとみられている。しかし、シボ加工や艶消し加工が施された表皮材にとって内装意匠の淡色化は汚れが目立つことになるため、より優れた防汚性能を有する製品ニーズが高まっている。
 新防汚技術は拭き取りやすさをコンセプトに開発した独自技術。溌水・溌油性を付与するSG(SoilGuard)加工に対し、拭き取り性に優れるSR加工を採用した。トップコートの改良により触感や柔軟性を確保しつつ耐摩耗性や屈曲性など車載可能な耐久性能を実現したのが特徴。性能評価試験で有効性を確認ずみで、表皮材の差別化技術として積極的に展開していく計画。また、さらなる高機能化を狙いに溌水・溌油性と親水性を併せ持つDGR(SoilGuard&Release)加工をベースにした独自技術の開発にも取り組んでいく考え。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://27.34.136.204/cmt/mt-tb.cgi/26107

コメントする

このブログ記事について

このページは、web staffが2015年11月20日 15:56に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「グッドイヤー、コンセプトタイヤを発表、"発電"と"変形"提案 」です。

次のブログ記事は「 藤倉ゴム、CFRPとゴム一体成形、ダンパーやパイプに」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。