2012年3月アーカイブ

 住友軽金属工業は、剛性を大幅に向上したアルミニウム合金板を開発した。新製品「SMART SHEET」は特殊な凹凸形状を付与したもので、同等の曲げ剛性で質量を鋼板に対して1/5、平滑なアルミ合金板に対して2/5にまで軽減した。圧縮強度や曲げ強度も向上しているため、強度部材やエネルギー吸収材への適用が可能。また、意匠性を生かした建材などへの採用が見込まれる。今後、同社では積極的な用途開拓により早期事業化を目指す。

 LAFジャパン(福岡県北九州市)は、耐食性や強度に優れた新マグネシウム合金「JDM」シリーズの市場展開を本格化する。同合金は希土類元素などの添加により各種特性を向上させたもの。熱処理後の機械的特性および耐食性でアルミ合金並みを実現した高強靭合金JDM1でエンジンブロックやタイヤホイールといった用途開拓を進める一方、シリンダーヘッドなどへは高温強度に優れるJDM2を提案する。同社では、受託加工や技術支援を含むソリューションとして提供することで採用拡大を図る。

 レニアス(広島県三原市、前田導社長)は、ポリカーボネート(PC)樹脂製の自動車用ガラス(PC樹脂グレージング)で、発熱層を付与することで曇りを防止し視認性を向上させる技術を開発した。すでに開発している耐擦傷性技術や赤外線遮断技術などと組み合わせることで、リアウインドウ用としての採用を目指す。すでに、各種技術を盛り込んだPC樹脂グレージングの生産設備を整え、性能・加工条件の調整に入った。

 アルケマは、長鎖状ポリアミド(PA)事業で新規ポリマー開発を強化する。実績のあるPA11は高耐熱化、低融点高剛性化、透明化などによるさらなる高付加価値化を進める。また、中国メーカー2社の買収により新たにラインアップに加わったPA10についても研究開発を加速させる。自動車分野、電気・電子分野を強化し、パートナーシップ締結によるマーケットインを急ぐ。

 ブリヂストンは、天然ゴム資源の多様化を推進する。新たに「グアユール」という多年草を原料にタイヤ用天然ゴムの製造プロセスの研究に着手するもの。計画では、米国南西部で試験農場を含む開発体制を整備し、2015年をめどに試験生産を開始する。グアユールは従来のパラゴムノキとは異なる土地で栽培されるため、実用化できれば天然ゴム産出地域の一極集中を緩和できる。同社では、原材料における再生資源拡充の一貫として取り組んでいく。

 デュポンは、高機能バイオベース樹脂「ソロナ EP」に難燃グレードを投入する。最適な難燃剤の確保にめどがついたことから量産体制を整え、2012年前半にも市場投入する。すでに複数のユーザーにサンプル提供を行っており、評価が進んでいる。まず、電気・電子機器分野への採用を目指し、その後、自動車分野への展開を図る。

 JFEスチールが独自開発した切削改善材「JFM」を添加した鉄粉が自動車用焼結部品向けに採用を拡大させている。「JFM4」を添加した鉄粉がステアリング用ヘリカルギアに採用されたほか、「JFM3」添加品では新たにショックアブソーバー用ピストンに適用されるなど用途分野を拡大しているもの。いずれも製造コストにおける切削加工費の低減効果が評価された。同社では、今後も材料開発を通じて鉄系焼結部品の製造コスト削減と品質向上に取り組んでいく。

ホンダは、インドの二輪車事業において外装部品の鉄鋼からプラスチックへの素材転換を目指す。独自技術による差別化戦略の一環として、デザイン自由度の高いプラスチック系材料の採用比率拡大を検討するもので、2013年後半にホンダ・モーターサイクル&スクーター・インディア(HMSI)の第1工場(ハリアナ州マネサール)内に完成させるR&Dセンターを活用して材料開発を進める。

 表面処理メーカーのミヤキ(静岡県)は、燃料電池用部材向けに独自のアルミコーティング技術「WRコート」を展開する。このコート技術は、アルマイト処理とフッ素コーティングを組み合わせたもので、完全封孔によりアルミの水素脆性を抑制することが可能。現在主流のステンレス部材からアルミ部材に置換できるため、軽量化ニーズをターゲットに車載用燃料電池部材などでの採用を図る。同社では、技術力をベースに次世代用途での展開を強化する。

 ハンダ材料最大手の千住金属工業(東京都足立区)は、アルミハーネス用ハンダ材の本格展開に乗り出した。自動車分野で進む銅製ハーネスからの置き換えに対応し、新たに開発したアルミ用ハンダの採用拡大を推進するもの。新製品は材料にアルミニウムとの電極電位差が小さい亜鉛(Zn)を選択することで、電解腐食の抑制による信頼性向上を実現している。同社ではLED照明用放熱板や医療、介護器具の軽量化などの用途での採用も見込んでおり、普及に向けて取り組みを積極化する。

このアーカイブについて

このページには、2012年3月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2012年2月です。

次のアーカイブは2012年4月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。